【甘い罠に溺れたら】5話のネタバレと感想!思い出のチョコレート
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」5話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (5話)のあらすじ・ネタバレ

優悟に部屋まで送ってもらった沙耶はベッドに入っても、先ほど優悟に手を取られたことが気になって眠ることができませんでした。

昔とは違うとわかっているのに、昔「別に俺にはお前だけじゃないんだよ」と笑った時の優悟の顔がチラついて仕方ありません。

それなのにまた「沙耶」と名前で呼ぶ優悟。

沙耶は自分を裏切った優悟に、名前でなど呼んで欲しくありませんでした。

翌日。

出勤した沙耶は、にっこり微笑んでいる友里と満に囲まれてしまいます。

沙耶はにやにや笑っている2人を見て、昨日優悟と一緒だったところを見られてしまったのだと思いました。

沙耶が何を言われるのかとぎゅっと瞼を閉じて待っていると、優悟が不妊早々新しい契約を取ったのだという報告をされます。

しかも今まで難航していたグローバルフーズという会社の契約です。

予想外の話で沙耶は思わず「へ?」と間の抜けた返事をしてしまいました。

満は「あの若さで部長ってことだけでも驚きなのに」と、優悟を褒めます。

友里は優悟が親会社の関係者なのだと情報を強いれていました。

役員の息子という噂があると聞いた沙耶は、驚きを隠せません。

満はやっかみで変な噂が立てられているのではないかと言います。

沙耶が2人の会話を黙って聞いていると、満が「そんなことより♪」と嬉しそうに沙耶を見ました。

先ほどの沙耶の反応が意味深すぎだというのです。

沙耶はただちょっと驚いただけでやましいところはないと否定し、朝礼が始まると言って話を終わらせようとしました。

すると沙耶のパソコンに“企画書の件”という件名のメールが届きます。

沙耶がそのメールを開けると、昨日やりかけていた企画書が添付されていました。

やりかけていたはずのその企画書は、沙耶が思った通りの内容で仕上がっています。

メールに目を通していると、最後に『無理はしないように』と書かれていました。

優悟があの後会社に戻って仕上げたようです。

その優悟は社員に囲まれて、グローバルフーズとの契約成立を祝われていました。

その様子をデスクに座ったまま見ていた沙耶は、いつもみんなに囲まれているのはあの頃と同じだと思います。

そして優悟は昨夜と同じように、疲れているとき首の後ろを触る癖が出ていました。

沙耶は席を立つとコンビニに向かい、昔、優悟が好きだと言っていたチョコレートが目に入ります。

優悟が食べることを忘れるほど熱中していたものが、写真から仕事になったのだろうと沙耶は思いながらいろいろなものをカゴに入れました。

レジで精算する時、沙耶はなんでこんなことをしているのだろうと思ってしまいます。

沙耶は清算を済ませた商品を昨日助けてもらったお礼だと、自分に言い訳をしながら優悟のデスクに置きました。

するとそこにやって来た水田が、今日のオンライン会議の準備は出来ているか尋ねます。

沙耶は先方に提出する企画書の、最終確認をしているところだと答えました。

水田はじっと沙耶を見つめて、優悟との仕事を無理していないか心配そうにします。

「昨日変えるの遅かったみたいだし、顔色も悪いよ」と言われた沙耶は、大丈夫だと答えました。

水田は「それならいいんだけど」とため息を漏らします。

水田は優悟と話す沙耶の雰囲気がいつもと違うと感じていたのです。

沙耶は自分が部長である優悟に対し、変な態度を取ってしまっていたのだと焦りました。

水田は勘ぐりたくなるから「そんな顔しないでよ」とつぶやきます。

沙耶はどういう意味か尋ねようとしますが、水田はそれに答えず「これっていい写真だよね」とパソコンに映し出された画面を見せました。

それは優悟が撮った大切な思い出の写真だというのです。

沙耶はそれが優悟に告白された長野の星空だと知り、どういうことなのか頭を悩ませました。

昼休憩に入り、友里と食事をとっていた沙耶は、友里から緊張しているのかと尋ねられます。

全く箸が進んでいなかったようで、沙耶は「まぁね・・・」と曖昧に返事をしました。

友里は沙耶の様子が最近変なのを感じていて「悩みがあるなら聞かせてよ」と心配します。

沙耶は友里に話をしようと口を開きました。

すると友里の背後から「ここ いい?」と相席の許可を求められます。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (5話)を読んだ感想

優悟は沙耶が疲れると頭が痛くなるのを覚えていて、沙耶は優悟が疲れているときのクセを覚えている。

もう、お互い忘れられてないの確定演出って奴じゃないんですか!?

そして沙耶は疲れている優悟のために、優悟が好きなチョコレートや栄養ドリンクを差し入れて自分に言い訳ですか。

沙耶も意地張らずに自分の気持ちに素直になればいいのに。と思ってしまいますね。

それに水田が沙耶を好きなのも決定打ですね。

「そんな顔しないでよ」とつぶやいた時の水田の表情は、どう考えても沙耶が好きとしかとれません。

沙耶ってばモテモテで羨ましいですね。

そして優悟の大切な思い出の写真が、沙耶に告白した時の星空の写真ですって!?

まだ沙耶のことが好きな証じゃないんでしょうか。

友里が聞いた親会社の役員の息子という噂と合わせて考えると、親から何かしらの圧力で別れることになったとかかもしれませんね。

それで優悟は悲しませるより、嫌われた方が良いと考えたのかも?と思ったのですが、甘いですかね。

もしかしたらアメリカにいたことも、大学を卒業したら行くように親に言われたとかかもしれませんよね。

それでも忘れられなかった沙耶との再会で、気持ちが再燃したんじゃないでしょうか。

沙耶も優悟に再会して気持ちが揺れ動いているようですし、自分の気持ちを自覚するのも時間の問題のような気がします。

そうなると水田が可哀想なことになるのですが・・・。

色々謎な部分も多いですし、今後の展開がさらに気になるようになってきましたね。

沙耶は誰を選ぶのか、気になって仕方ありません。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事