【甘い罠に溺れたら】6話のネタバレと感想!大嫌いな上司に、こんな顔・・・
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」6話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (6話)のあらすじ・ネタバレ

沙耶と友里が食事をしているところに、相席を求めて声を掛けたのは水田でした。

その後ろには優悟の姿も有ります。

4人掛けのテーブルに座っていた沙耶と友里。

友里は沙耶の許可も取らずに、空いている2席を使っていいと相席を許してしまいました。

沙耶は友里を咎めますが、友里は予約取っているわけでもないのだからと言って聞いてくれません。

優悟は沙耶の隣の椅子を引き「ここ開けて」と、沙耶に声を掛けます。

てっきり友里の隣に座ると思っていた沙耶は、「私の隣ですか!?」と思わず声を出してしまいました。

沙耶はしぶしぶ座りやすいように、椅子をずらします。

優悟が腰を下ろすと、友里が優悟も沙耶と同じきつねうどんを頼んでいることに気が付きました。

優悟はさっきチョコレートを食べたから、軽く済ませようと思ってうどんにしたのだと言います。

「羽田といっしょとは思わなかったけど」と優悟が言うと、沙耶はむせてしまいました。

優悟は持っていた水を飲むように、沙耶に差し出します。

沙耶が優悟を睨みつけると、優悟は「意識しすぎ」と沙耶をからかいました。

優悟はまだ水には口をつけていません。

沙耶は「意識なんてしてません!!」と反論しました。

友里は言い合う2人の様子見て、唖然としています。

笑顔を浮かべていた水田が優悟に「甘い物、召し上がるんですね」と声を掛けました。

優悟はそうではなく、5年ぶりくらいにチョコレートを食べたのだと言います。

実は甘いものはあまり好きではなく、自分ではあまり買うことが無いのです。

沙耶は昔はあんなに一緒に食べていたのに。と、疑問に思いました。

優悟は友里から、なぜ5年ぶりなのか尋ねられます。

5年前の優悟は好きだった女の子に話を合わせたくて、本当は苦手なチョコレートを好きだと言ってしまったのだと答えました。

沙耶はそれが自分のことだということに気が付きます。

優悟は「その子と一緒にいたときは よく食べてたんだ」と友里と水田の前で話しました。

友里は「部長でもそんなかわいい時代があったんですねぇ」と笑い、水田も「今の部長からは なかなか想像できませんね」と笑みを浮かべています。

そんな中、沙耶だけはいい思い出の様に語る優悟に腹を立てていました。

沙耶は午後の準備をしたいからと理由を付け「お先に失礼します」と言って、席を立ちました。

沙耶が向かったのは化粧室。

沙耶は洗面台の水を流しながら、優悟がどうして沙耶の気持ちを揺さぶるようなことをしてくるのかと腹を立てています。

優悟と付き合っていた頃よりも大人になったはずなのに、洗面台の鏡に映る沙耶は優悟に翻弄されて困っている顔をしていました。

沙耶は優悟にこんな顔をさせられることが悔しくてなりません。

大きく息を吐いた沙耶は、午後からの大事な会議に向けて気を取り直すよう自分に言い聞かせます。

男なんかに気を取られる暇はないと思いながら、廊下を進んでいく沙耶を待っていたのは優悟でした。

角を曲がったところにいた優悟は「やっぱりここにいた」と言います。

沙耶は「また会議でよろしくお願いします」と言って、横をすり抜けようとしました。

すると優悟は沙耶の手首をつかみ、沙耶を引き止めます。

そして優悟はチョコレートを貰ったことが「本気で嬉しかったんだ」と言いました。

そのせいでついあんな場所で話してしまったと、謝罪します。

沙耶は「嫌いだったら 言ってくれたら良かったのに」と知らされていなかったことを非難しました。

あの頃の優悟は沙耶に嫌われないように必死だったのだと言います。

優悟は「今日もらったチョコレートも全部食ったよ」とお礼を言いました。

沙耶はうつむいたまま「無理しなくても良かったのに」とつぶやきます。

予想外の反応を返した沙耶に一瞬驚いた優悟は「会議頼むな」と微笑んで、掴んでいた沙耶の手を話しました。

沙耶は優悟の残り香が気になり、顔を赤くします。

その様子を上の階の窓から見ていた水田は、切なげな様子で沙耶を見つめていたのです。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (6話)を読んだ感想

沙耶がせっかく友里に話をしようとしたのに、水田と優悟の登場でダメになりましたね。

水田は優悟と沙耶の関係が聞きなっている様子だったのに、なぜ友里と沙耶に相席を求めたのでしょう・・・?

見せつけられる結果になるって予想できなかったのでしょうか。

友里は2人の関係に全く気が付いていないようですし、言い合う2人を見て驚いているだけでした。

しかし水田は沙耶に好意を抱いているのですから、傷つく可能性もわかっていたでしょうに。

それよりも沙耶と一緒に食事をできる機会を優先させたのかもしれません。

優悟は優悟で沙耶をからかっているのか。

それとも自分の本音をわかってほしくて、少しずつ暴露しているのか。

はたまた水田にたいして、牽制の意でもあるのか。

沙耶との思い出話を人前で話すとか、一体何をしたいのでしょう?

自分が沙耶を裏切ったはずなのに、どうして?と思ってしまいます。

大学時代に浮気したのはなにか理由があったのでしょうね。

浮気すらしていなくて、実はフリだった可能性も否めません。

沙耶も優悟に振り回されて、気持ちが大学生の頃に戻っている感じですし、早くくっついちゃえ!って思ってしまいます。

ただそうなると水田が可哀想ですよね。

友里と上手くいくとかはどうでしょう?

そう簡単には行きませんかね。

水田が今後、強引な手を浸かってきそうで、少し怖い感じがします。

だから、出来れば誰かを普通に好きになってほしいと願います。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事