【甘い罠に溺れたら】7話のネタバレと感想!ずっと前から大切な人
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」7話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (7話)のあらすじ・ネタバレ

午後からのオンライン会議には部長である優悟と水田。沙耶。満の4人が参加していました。

会議の相手側が接続を切ったところで、水田が「先方の感触もよさそうですね」と優悟に話しかけます。

あと一息と言った優悟は水田に、広告に起用するモデルのアテンドを進めるように指示を出しました。

その後の具体的なスケジュールには、沙耶も協力して進めるよう仕事を割り振ります。

沙耶が了承すると、突然、満が今週末に優悟の歓迎会をしようと提案しました。

満に話を振られた沙耶は、正直気まずいので行きたくありません。

沙耶は「部長 お疲れなんじゃない?」とやらないように、話を持って行こうと試みます。

しかし優悟が大丈夫と言ったので、満は喜んで部内の人に声を掛けると言い出しました。

優悟は契約決定前だから、おおげさにならないようにだけ注意します。

優悟がそんな言い方をすれば、沙耶も参加するしかありません。

沙耶が優悟を睨みつけると、優悟はにっと口角をあげて笑います。

沙耶は歓迎会ではできるだけ、優悟とは関わらないようにすればいいと心に決めました。

歓迎会当日。

沙耶が遅れて会場にやって来た時には、会場は既に盛り上がっていました。

沙耶は友里に呼ばれて、友里の前の席に腰を下ろします。

沙耶がすごい盛り上がりに驚いていると、友里が部長が来てからだと言いました。

沙耶が優悟に視線を送ると、優悟の周りには女性社員が纏わりついているのが分かり納得します。

気を利かせた男性社員が沙耶に、飲み物はビールでいいか尋ねました。

沙耶がお礼を言っていると、既に随分お酒がまわっている満が「聞いてくださいよう」と泣きべそをかいています。

友里が呆れて満に飲み過ぎだと注意し、なんで泣いているのか尋ねました。

満は優悟の周りに纏わりついている秘書課の女性たちの迫力がすごくて、優悟に近付けないとぼやきます。

友里が優悟の方を見ると、確かに優悟の周りにいる女性は秘書課の女性たちでした。

「でもなんで秘書課やら 受付嬢までいるの?」

友里は疑問を口にします。

どこからか歓迎会の話を聞きつけて「私たちもいいですかぁ?」と知らない間に参加者が増えて行ったようでした。

沙耶は「私たちはいつでも部長と話せるし いいじゃない」と満にビールを注いで慰めます。

満は沙耶が本当に優悟に興味がないのだと、信じているようでした。

沙耶は興味がないというよりお互い嫌い合っているのだと思います。

しかし本当のことが言えるわけもなく、笑って誤魔化しました。

沙耶の気持ちを知るはずもない満は、優悟が秘書課の女性たちを一刀両断にしてすっきりしたと続けます。

優悟はずっと前から大切な人がいるとみんなの前で話したようです。

沙耶は胸が大きく音を立てたのがわかりました。

友里はハイスペックな優悟に、彼女がいないわけがないと言います。

沙耶は優悟に彼女がいることに、心がざわめきました。

楽しそうに飲んでいる優悟を見た沙耶は、自分には関係ないと自分に言い聞かせてジョッキに入ったビールを煽ります。

しかし友里と満と話をしている間も沙耶の頭の中には「お前だけじゃない」と言われた時の光景が浮かびました。

沙耶が遠く離れた席に座っている優悟を見つめると、優悟も沙耶の視線に気が付き見つめ合います。

沙耶は優悟のずっと前から大切な人は、きっとあのときの女性のことだろうと思っていました。

優悟の隣にいた秘書課の女性が「どうかしました?」と声を掛けます。

優悟は我に返って「少し酒が回ってきたかな」と答えました。

すると秘書課の女性は「全然顔に出ないんですね」と楽しそうにしています。

優悟は更にビールを追加注文する沙耶のことを気にしながら「そうなんだよ」とため息をこぼしました。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (7話)を読んだ感想

仕事と割り切れば、沙耶も優悟に対して普通の態度ができるようです。

普段はずいぶん意識しているのでしょうね。

満が優悟の歓迎会をやると言い出した時、沙耶は気まずさもあって行きたくないとやらない方向に誘導しようとしました。

けれどこれは、優悟が疲れているときに出すクセを出していたせいでもあるんじゃないでしょうか。

行きたくないのも本音で、優悟を心配しているのも本音のような気がします。

優悟も疲れているなら休めばいいのに、どうしてそんなに必死に仕事をしているのでしょうかね。

勝手な想像なのですが、沙耶と付き合うための条件を出されているとかじゃないんでしょうか。

親会社の役員の息子らしいですし、良いところのお嬢さんが相手じゃないなら。的な?

だから優悟は頑張っている気がします。

それに歓迎会の時に優悟が話した“ずっと前から大切な人”も沙耶の事でしょう?

沙耶は別れる原因になった時の女と思っているようですが・・・。

両想いだと思うのに、なんでこんなにすれ違っているのか。

はよ、くっつかんかぁーい!と、イライラしてしまいますよ。

そして優悟が「少し酒が回ってきたかな」と言ったのは、自分のことじゃありませんよね?

たぶん、「全然顔に出ない」のも沙耶じゃないんでしょうか。

心配でずっと見守ってるのでしょう。

酔った沙耶を自宅まで送って、本音を漏らす展開になりそう。

楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事