【甘い罠に溺れたら】1話(結婚も男もいらない)のネタバレと感想!
スポンサーリンク

Comic Pecora掲載の人気連載漫画「甘い罠に溺れたら」1話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (1話)のあらすじ・ネタバレ

STI株式会社の事務所で、社内で人気がある眼鏡を掛けた男性社員の水田がため息をついていました。

電話を切った水田は後輩の羽田沙耶25歳に「来週のプレゼン資料、整えるの手伝ってくれないかな」とお願いします。
水田を振り返った沙耶は無表情で、手伝いを了承しました。近

くで仕事をしている女性社員、水田にチラチラと視線を送りながら、水田をカッコいいと噂話をしています。

そんな風に女性社員に人気がある水田に沙耶だけは、浮足立った様子を見せることはありませんでした。

水田が「じゃあ頼む」と言った事で仕事の話は終わったはずですが、水田は沙耶になにか言いたげな様子です。
沙耶は隣に立ったままの水田を不審に思い「他にもなにか?」と問いかけました。

水田は「なにかあったらいつでも言って」と、穏やかな笑みを浮かべて去って行きます。

水田が沙耶の側から離れると、同僚の友里が小声で沙耶に話しかけました。
水田は人気がある先輩だから、もう少し愛想良くするようアドバイスしたのです。

しかし沙耶は水谷は全く興味がないようで「私はこれでいい」と言うのです。

 

沙耶が大学を卒業して、この会社に入って4年目になりました。
沙耶が所属する企画営業部では海外での人気商品を、日本国内で販売できる様に戦略を立てる部署です。
とてもやりがいがある仕事だと沙耶は感じていました。

しかし沙耶には仕事に集中することで“彼”のことを考えずに済むので、逃げ込むにもちょうどいい場所でもあります。

昼休憩に入ると、先ほど沙耶に話しかけた友里が「急がないと社員食堂が埋まっちゃう」と沙耶を誘いに来ました。

沙耶と友里は、同じように食堂に向かう人たちでごった返すエレベーターに乗り込みます。
沙耶はざわついているエレベーターの中で、聞き覚えのある声が聴こえてドキっとしてしまいました。
こんなところにいる訳がないと思っていても、沙耶は顔を青くしてしまいます。

沙耶が知るこの声の“彼”は、こんなところにいるはずが有りません。

それに2度と会うこともないはずの“彼”とは最悪の思い出しかなく、沙耶はいい気はしませんでした。

友里に促されてエレベーターを降りた沙耶は、勇気を振り絞って声の主を確認しようと、エレベーターの方を振り返ります。

エレベーターの中から出てくる多くの人たち。

その中に2度と会うこともないと思っていた“彼”の姿はなく、沙耶はホッとしました。

注文を済ませて席について食事を始めると、友里が「さっき“彼”のことを考えていたでしょ」と指摘しました。

沙耶は「そんなこと・・・」と否定しようとしますが、両手を強く握って声が聴こえた気がしたのだと本音を話します。

むすっとした表情をした友里は「沙耶をそんなに深く傷つけた男は許せない」と怒りながら箸を勧めました。

沙耶は友里が自分のことの様に怒ってくれたことに、お礼を言います。

沙耶は結婚する気もなく、男もいらないと心に決めていました。
それは過去と同じような苦しい思いをしたくないからです。

原因は“彼”に有りました。

これ以上好きになれる人などいないと思うほど大好きだった“彼”に、何もかもを捧げていたのは7年前。

大学に入学した沙耶は構内に貼られていた写真の美しさに目を奪われ、立ち止まってしまいました。
一緒に居た友人から「写真なんて好きだった?」と聞かれた沙耶は「分からないけど、この写真がすごく気になる」と答えます。

その様子を見ていた“彼”が背後からひょこっと顔を出し「一緒に写真を撮らない?」と沙耶を誘いました。

沙耶は爽やかな笑顔で話しかけて来た“彼”を見て、頬を赤くします。

この時の“彼”が沙耶が辛い思いをする原因となった、佐伯優悟との出会いでした。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (1話)を読んだ感想

主人公の羽田沙耶は男嫌いなんですね・・・

可愛らしいのにもったいない!

一体、過去に何が有ったと言うのでしょう・・・?

その理由を同僚の友里は知っているようです。
友里もそんなに傷つけた男が許せない!と怒っているので、相当ひどい目にあったに違いありません。
エレベーターで背後から声が聴こえた気がしただけで、あんなに顔を青くして震える暗いですから精神的にも肉体的にも辛そう?

もしそうだとしたら、そりゃエレベーターで背後から声が聴こえたら、怖くて仕方なくなりますよね。

それとも初めての恋人に浮かれてしまって、夢中になりすぎてすべてを失ってしまったとかでしょうか。
それならそこまで怯える?って感じではありますけど・・・。
それにしても水田は沙耶が気になっているようですね。

水田が沙耶のトラウマになっている“彼”佐伯優悟のことを忘れさせてあげる感じで話が進むのでしょうか。

これは甘い恋の予感がしてキュンキュンします!

男を信用していない沙耶を水田がどう攻略していくかも楽しみですね。

沙耶が結婚したいと思う日が来るのか。
そうでなくても恋人が欲しいと思える日が来るのか。

そしてその相手は!?

これからもキュンキュンする展開が待っているかと思うと、楽しみで仕方ありません。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はComic Pecora掲載のTL漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信していますし、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事