【甘い罠に溺れたら】13話のネタバレと感想!予定外の家デート
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」13話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (13話)のあらすじ・ネタバレ

優悟の食事管理をすることになった沙耶ですが、なぜだか外食に誘われてばかりでした。

沙耶の頭の中では、食事管理をすると言うことは手料理を振舞う事です。

そこで沙耶は大学の頃の様に料理ができないと、優悟が思っている可能性に気が付きます。

沙耶がスマホのメッセージ画面を見ながらコロコロ表情を変えていました。

その姿を見ていた友里が「なに1人で百面相やってんの」と声を掛けます。

満もワクワクしているようで「怪しいですよ♪」と言い出しました。

友里はツッコミを入れられてショックを受けている沙耶に、何が有ったのか尋ねます。

沙耶は連絡があった大学の頃の知り合いが、沙耶は料理ができないと思っているみたいだと話します。

満は沙耶は料理上手なのにと不思議そうにしていました。

実家を出たばかりの大学時代の沙耶は、目玉焼きを焦がしたり殻が入っていたりしていたのです。

沙耶が無理しないでと止めても、優悟は大丈夫と笑って食べてくれていました。

それでもずっと優悟は沙耶の手料理を、食べたがっていたことを思い出します。

沙耶が遠くを見ていると、満が戻ってきてと沙耶をゆすりました。

そこに友里が手に持っていた資料の山を置きます。

沙耶は友里が今からその資料をやるのか疑問に思いました。

友里が明日にしようかと思っていることを伝えると、沙耶「は明日なら手伝える」と言います。

今日は用事があると沙耶が言うと、満がデートだとツッコミを入れました。

満の圧を避けるように沙耶が避けると、コーヒーをひっくり返してしまいます。

満は慌てて謝罪し、やけどの心配をしました。

友里と満が慌ててこぼれたコーヒーを拭きとりますが、沙耶の服にはコーヒーのシミができています。

満が用事がある沙耶の服と、自分の服を取り替える提案をしました。

沙耶は自分の不注意だから気にしないでと言います。

優悟に送ったメッセージがまだ既読になっていないことを確認した沙耶は、一旦家に帰っても間に合うと判断しました。

沙耶は落ち込んでいる満に、まだ時間があるから家に帰って着替えることにしたと話します。

気にしないでと言って帰って行く沙耶を見送る、友里と満は今までの沙耶ならあれくらいのシミでは着替えなかったと話していました。

前の沙耶ならこのくらい柄だって誤魔化せると言っていたはずだと言うのです。

友里と満は沙耶の行動を怪しいと思っていました。

帰宅した沙耶は洋服選びに時間がかかっていました。

すると来訪を知らせる玄関のチャイムが鳴ります。

沙耶は「急いでるのに誰!」とイラっとしながら、部屋着のまま玄関に行きました。

やってきていたのは優悟です。

沙耶が突然の来訪に驚いていると、優悟は「電話 通じるようにしとけよな」と言いながら自然に部屋に入ってきました。

沙耶は優悟を条件反射でいれてしまったが、自分が部屋着であることを思いだし恥ずかしくなります。

沙耶が優悟に外食に出るつもりだったのではないか尋ねました。

すると「疲れてて死にそう」と言った優悟は、小首をかしげて「だめ?」と問いかけます。

優悟の表情にドキッとした沙耶は、おもわず了承してしまいました。

優悟は「ただいまー」と嬉しそうに奥に入って行き、ソファーの上に置かれた洗濯物に気が付きます。

沙耶が慌てて片付けようとしていると、優悟が残った下着を持って「これはいいの?」と問いかけました。

悲鳴をあげて急いで下着を奪った沙耶は、優悟にソファーにじっと座っているように言います。

ネクタイを緩めながらソファーに腰を下ろした優悟は、ピザでもとるか尋ねました。

沙耶はただでさえまともな物を食べていなさそうな優悟に、ジャンクフードを食べさせるのはどうかと思い「作ってもいいですか?」と聞きました。

沙耶が30分程待てれば作れると言うと、優悟は本当に嬉しそうにお礼を言います。

沙耶は穏やかに微笑んでいる優悟にときめいてしまいました。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (13話)を読んだ感想

優悟が部長としてやってきてから、沙耶は随分変わったようです。

友里や満は近くにいるので、それを直に感じ取っているのでしょう。

コーヒーのしみを気にしなかった沙耶が気にするようになった事で、怪しんでいるようです。

相手が優悟と気が付くのはまだ先かもしれませんが、男の影に気が付くのはもうすぐじゃないでしょうか。

その相手を水田と誤解して、優悟が腹を立てるとかなりそうで心配ですよね。

誤解を招かないためにも優悟と大学時代の知り合いだとだけでも、話せばいいのにと思ってしまいます。

そして優悟の突然の訪問です!

これはラブラブの予感でしょうか。

沙耶の下着を手にした優悟が、視線をそらしているところがかわいいですね。

下着くらいで照れる年齢でもないでしょうが、好きな人の下着をみて照れ臭かったのかもしれません。

その割にソファーに座るときの彼氏感半端ありません。

「ただいまー」と言って部屋に入り、ネクタイ緩めながらソファーに座る。

もう彼氏じゃん!となってしまいました。

それに「だめ?」と小首を傾げるところは、沙耶の性格をわかってやっている確信犯っぽいですよね。

もうカレカノと言ってもいいでしょう。

早く付き合えばいいのにと思うのは、私だけじゃないでしょう。

沙耶の手料理を食べる優悟の反応が楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事