【甘い罠に溺れたら】20話のネタバレと感想!誰かと一緒に眠る夜
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」20話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (20話)のあらすじ・ネタバレ

沙耶から5年前のあの日も宝条といたことを責められた優悟は、沙耶の手を握ってあの日のことを話し始めます。

5年前。

宝条は沙耶が見知らぬ男に腰を抱かれながら、楽しそうに笑っている写真を優悟に見せました。

その写真は先週の金曜日にたまたま見かけて、撮影したものだと言います。

優悟に写真を渡した宝条は「お付き合いされている方でしょう?」と問いかけました。

沙耶から金曜日は女友だちと遊ぶと聞かされていた優悟は、ショックで頭を抱え「嘘だ」とつぶやきます。

青い顔で打ちひしがれている優悟に抱きついた宝条は、沙耶のことを「許せない」と言いました。

沙耶が写真の男と一緒に優悟のことを“つまらない男”“浮気し放題でチョロい”と笑っていたと言うのです。

その話を聞いて呆然とする優悟は、宝条が笑ったのに気が付きません。

宝条は沙耶に優悟と同じ屈辱を味わって貰おうと提案します。

そして優悟は宝条と、“浮気したふり”をすることにしました。

優悟が「やっぱりこんなこと・・・」と躊躇すると、宝条が「ただ裏切られただけで終わらせていいの?」と焚きつけます。

そこにちょうど沙耶が帰ってきました。

宝条は「もう来ちゃった」と笑い、まだ躊躇している優悟の隣にシャツ一枚の姿で座ります。

「ここまで来たら後には引けない」

そう言われた優悟は沙耶が扉を開けると「バレちゃった」と悪い男のふりをしてみせます

優悟には他にも関係を持っている人がいると聞かされた沙耶は、その場を逃げ出しました。

優悟は沙耶の背中を、拳を握りしめながら見ていたのです。

それがあの日の真相だと話した優悟は「裏切られたと思い込んでバカなことをした」と後悔していました。

宝条が言っていた結婚のことも、優悟は完全に否定します。

優悟にとって宝条は妹のようなもので「結婚なんてするわけない」と言いました。

そして飲み会の時に話していた“ずっと大切に思っている人”が自分だと、沙耶は知ることになります。

「沙耶が心にずっと留まり続けていた」と優悟は微笑みました。

優悟は沙耶の頬に手を添え「あのときのことを許して欲しい」と沙耶をまっすぐに見つめて言います。

しかし沙耶は宝条と優悟がホテルでデートしていたことが、心に引っかかっていました。

いつの話か聞かれた沙耶は、水田と食事に行った日だと口にしてしまいます。

水田が沙耶に好意を抱いていることを知っている優悟は、二人で食事に行ったと聞いていい気がしません。

しかし沙耶からすれば優悟の方こそ、出張と言っていたのに宝条とあんないいホテルでデートしていたじゃないかという話なのです。

優悟はあの日宝条とホテルにいたのは、親族を含めたパーティーが有って顔を出しただけと言います。

沙耶はそれを信じることができず、再び涙を流しました。

沙耶の涙に慌てた優悟は「嘘じゃない」「お前だけだ」と沙耶を説得します。

沙耶は水田のことを好きになれば幸せになれると、何度も考えたのです。

それでも優悟のことを忘れることはできなかったと、沙耶は優悟に話しました。

優悟は最後の質問と言って「俺のこと好き?」と問いかけます。

沙耶はポロポロと涙をこぼしながら「ずっと好き」と答えました。

「俺も」と言った優悟は沙耶に顔を近付けて、「やっと捕まえた」と微笑みます。

優悟に抱きしめられた沙耶は「本当にショックだった」ことを、優悟に伝えました。

優悟は今まで傷つけてきたことや、きちんと話を聞かなかったことを謝罪します。

大学時代はまだ子供だったけれど、今はもう大人になって沙耶を守れると沙耶に許しを請おうと優悟は必死でした。

沙耶は必死な優悟の姿を見て、、思わず笑ってしまいます。

すると優悟は沙耶の髪をぐしゃぐしゃに撫で、ぎゅっと抱きしめました。

沙耶は優悟に抱きしめられ、人肌の温かさに安心感を抱きます。

優悟は腕の中にいる沙耶に「水田とは何もない?」と再確認しました。

水田とは確かに何もありませんが、まだ告白を断ることができていません。

優悟は「早く断れ」と急かしますが、そんなことは言われなくても沙耶もわかっていました。

優悟は何かされていないか気になって仕方ありません。

沙耶は手が少し触れたくらいだと正直に話します。

それを聞いた優悟はムッとして、水田が触れたであろう沙耶の手にキスをしました。

そのまま沙耶を抱きしめた優悟は「俺の沙耶に触りやがって」とヤキモチを妬きます。

沙耶は昔の様に優悟が素直に伝えてくれる言葉が、心地良くなっていました。

沙耶は優悟の肌の温かさで眠くなってきます。

「眠ってもそばにいてくれる?」

沙耶に聞かれた優悟はずっとそばにいる約束をして「おやすみ」と言いました。

沙耶は久しぶりに誰かと一緒に眠る夜は、なんだかすごく安心すると思いながら眠りにつきます。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (20話)を読んだ感想

ようやく気持ちを伝えあうことができましたね!

いやぁ、長かったですね。

どう考えても両想いなのに、すれ違ってばかりで一向に進まない関係。

たぶん読んでいた人全員が、さっさと付き合えよ!と思ってたんじゃないでしょうか。

やっとよりを戻して一安心ですね。

それにしても宝条はどうして“優悟と結婚する”なんてバレる嘘をついたのでしょう?

そんなもの優悟が結婚するつもりはないと言えば、すぐばれるって分かりそうなものですよね。

大学の時の浮気の捏造に関しては、浮気した側がいくら嘘と言っても照明は難しいです。

けれど結婚の場合は、すぐバレそうとは思わなかったのでしょうか。

優悟も宝条は妹のような存在と言ってますが、宝条の気持ちに気が付かないわけはないでしょう。

大学時代も沙耶の浮気を捏造しているんですから、今回は沙耶に近づかないようできなかったんですかね。

何が大人になったから守れるですか!

守れていなかったから沙耶が傷つく羽目になったんでしょうよ。

沙耶も優悟を突き放す前に、恋人がいるのか。とか、結婚するのか。とか聞けたでしょうに。

はっきり聞くのが気まずかったら、恋人がいるのにここにきていいの?とか、水族館は恋人と行かなくていいの?とか聞きようはあったでしょう。

本当、この二人は回りくどかったですね。

ここまで来たんですから、沙耶はきちんと水田に断りを入れて、優悟は宝条にきつめに忠告して欲しいものです。

沙耶と優悟がフラフラし続ければ、水田と宝条は傷つくんです。

水田はともかく宝条は自分が傷ついた分、沙耶に攻撃するでしょうから、しっかり忠告していて欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事