【甘い罠に溺れたら】21話のネタバレと感想!幸せな朝
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」21話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (21話)のあらすじ・ネタバレ

朝になって目が覚めた沙耶は今日が休みということも有り、二度寝しようと寝返りを打ちます。

すると「なにしてんの?」と問いかけられて、自分が昨夜優悟と一緒に眠りに付いたことを思い出しました。

ネクタイを緩めただけの格好のまま横になっていた優悟は、先に起きていたのか横になったまま「おはよう」と穏やかに微笑みかけます。

沙耶もシャツのボタンを一つ外しただけで、昨日の服のままベッドに横になっていました。

沙耶は優悟の穏やかな笑みを見て、ときめいてしまいます。

そして優悟が沙耶をぎゅうと抱きしめようとすると、焦った沙耶は思わず「部長」と優悟のことを呼んでしまいました。

優悟は不服そうな顔をして「昔みたいに呼んで」拗ねたように言います。

大学時代。

付き合い始めたというのに、沙耶は優悟のことを“佐伯先輩”と呼んでいました。

それに納得できなかった優悟は「なんでいつまでも佐伯先輩と呼ぶの?」と沙耶に疑問を投げかけます。

驚いた沙耶は「だって」と理由を話そうとしました。

優悟はまだ“佐伯先輩”と呼ぼうとする沙耶に、“優悟”と呼ぶように言います。

沙耶は困ったように優悟から顔を背けました。

そして照れながら「優悟・・・くん」と“くん”付けで呼んでみます。

呼び捨てでなかったことは残念ではありますが、優悟はそれでも嬉しくて「まぁいいか」と表情を緩めました。

その後優悟は頑張ってくれた沙耶の髪を、くしゃっと撫でたのです。

その時のことを思い出した沙耶は優悟の希望通り、「優悟くん」と呼んでくすっと笑います。

優悟は沙耶の笑顔を見つめて、額に口づけました。

優悟は沙耶に「あのとき傷つけた分 たっぷり優しくする」と誓います。

「でも」と言葉を続けた優悟に、沙耶は「なに?」と問いかけました。

優悟は頭を掻きながら「本当はもっとさやに触れたくてたまらない」と困った顔をします。

沙耶が頬を染めると、優悟は「急すぎるよな」と謝罪しました。

沙耶は身体を起こして、優悟の体の両脇に手をおいて優悟を見おろします。

そして「こういうのすごく久しぶりで、あまり慣れていないけれど」と勇気を出して嫌ではない気持ちを優悟に伝えました。

優悟は沙耶の言う久しぶりがどれくらいか気になって、聞いてみます。

沙耶が困ったような顔をして「えっと・・・」と言うと、優悟は「やっぱり言わなくていい!」と沙耶を止めました。

優悟は沙耶に手を伸ばして「これからは沙耶に触れるのは俺だけ」と言って、沙耶を抱きしめます。

沙耶は優悟に言わなくていいと言われましたが、優悟の耳元で「5年ぶり」とつぶやきました。

沙耶は5年前に優悟と別れてから、男性不信だったのですから当然かもしれません。

優悟は沙耶に触れたことが有るのが自分だけだと知り、嬉しくて仕方ありませんでした。

再び沙耶をぎゅっと抱きしめた優悟は「一生大切にする」と微笑みます。

沙耶が「うん」と嬉しそうに返事をすると、優悟の手が沙耶の腰に触れました。

沙耶はいよいよかと鼓動が跳ね、ぎゅっと目を閉じます。

すると優悟は沙耶の腰を支えて「そろそろ起きるか」と言って、沙耶を起こしました。

ベッドから出た優悟は背伸びをしながら「いい天気だし どこかにいこう」と沙耶を誘います。

沙耶は少し残念そうに、「そうだね」と同意しました。

沙耶を振り返る優悟は再会した時とは別人のように、沙耶に穏やかな笑顔を向けてくれています。

沙耶は差し出された手を握り、離れていた時間の分ずっと一緒にいようと約束しました。

後日。

沙耶は会社で、友里から「今日ご飯に行かない?」と誘われました。

「いいね」と嬉しそうに返事をする沙耶を見た友里は、沙耶に良い事が有ったことに気が付き「最近幸せそうですな♪」と耳打ちします。

沙耶が動揺していると、優悟が沙耶に声を掛けてきました。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (21話)を読んだ感想

今回は沙耶と優悟がずっとイチャラブしているところを、見せつけられただけでしたね!

無事付き合うことになって、これから離れていた時間を埋めていくのでしょう。

沙耶と優悟にとって今が一番幸せな時間に違いありません。

分かりますが、ただイチャイチャを見せられてもね。と思ってしまいました。

それにしても大人の恋愛で、一晩一緒に同じ布団で寝て何も無しですか・・・。

優悟が手を出さなかった理由は、一体何なんでしょうね。

今回は大人のオツキアイの話だと思ってました。

なので優悟が手を出さなかったことに、かなり驚いています。

大好きな沙耶が隣で眠っていて、よく我慢できましたね。

触れたくて仕方ないと言っておいて、沙耶が覚悟を決めたら手を出さないってどういうこと何でしょう?

沙耶も多少なりと期待していたようで、気まずそうでしたよ。

朝だからと言うことも有るのかもしれませんが、それだけなのでしょうか。

沙耶を不安にさせないためだとしたら、逆効果な気がします。

何か理由が有ったんですかね?

そして友里はさすが、沙耶のことがよくわかっていますね。

幸せそうな沙耶の顔に気が付いたようです。

まだ優悟が相手だとは知らないようですけど、沙耶は今日のご飯の時でも話すんでしょうか。

そうなると必然的に大学時代の元カレという話もすることになりますよね。

友里が沙耶を傷つけた男と認識している元カレ。

反対されそうで心配ですね。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事