【甘い罠に溺れたら】22話のネタバレと感想!部長、ここ、会社です
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」22話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (22話)のあらすじ・ネタバレ

友里から「最近幸せそうですな♪」と耳打ちされた沙耶が、動揺していると優悟が「羽田」と声を掛けてきました。

優悟は沙耶にカフェの新商品の進捗状況を尋ねます。

沙耶は「来週末にも本契約ができるかと」と言って、持っていた企画書を優悟に見せました。

その場で企画書に目を通した優悟は「ツメが甘い」と企画書のダメ出しをします。

もう少し他との差別化をアピールするよう指示をされた沙耶は「分かりました」と返事をしました。

優悟は「頼むぞ」と言って、その場をあとにします。

沙耶がふうっと息を吐くと、いきなり満が姿を現して「相変わらず素敵ですよね」と優悟のことを褒めました。

沙耶は突然現れた満に驚き、友里は突然現れる満に呆れています。

満は優悟が恋人にどんな態度を取っているのか気になるようで、目を輝かせて「どんな感じなんですかね?」と言いました。

ドキッとする沙耶を無視して、友里は「どSのオラオラだったりして」と予想します。

優悟がどんな態度をするか知っている沙耶は、それは無いと心の中で思いました。

満は逆に「めちゃめちゃ甘々」と予想しますが、それは無いかと一人で納得します。

満の言葉を聞いた沙耶は思わずむせてしまい、友里や満に優悟との関係を伝えづらくなってしまったと思いました。

そんな会話をしていた沙耶たちの横を女性社員が通り抜けて、優悟のもとへ書類を渡しに行きます。

沙耶は優悟が女性社員に囲まれているのを見て、あまりいい気がしません。

満は部長が優悟になってから、今まで社内便まかせだった女性社員が直接書類を持ってくるようになったことを指摘します。

それには友里も同じ意見でした。

友里と満は女性社員が優悟をベタベタ触って、女を見せていると呆れています。

沙耶が「私には」とつぶやいたのに気が付いた満が「何か言いました?」と沙耶に聞き返しました。

沙耶は満の質問には答えず「資料室に行ってくる」と言って、その場を離れます。

優悟は女性社員に囲まれながらも、資料室へ入って行く沙耶に気が付いていました。

資料室にやって来た沙耶は自分に対しては厳しい態度を取る優悟が、他の女性社員に優しくしていてイライラしてしまいます。

その上書類もばらまいてしまった沙耶は「もう!」と苛立ちながら、書類を拾おうとしゃがみ込みました。

沙耶の目にはボロボロになった自分の靴が目に入ります。

沙耶は若くして部長になり、背も高くて格好いい優悟と、ボロボロの靴を履いた自分を比較してしまいました。

「やっぱり釣り合ってない」と落ち込んでいる沙耶の目に、人の影が映ります。

その影の正体は、資料室のドアに腕組みをして立っている優悟でした。

優悟は「なにをそんなに不安な顔をしてるんだ?」と沙耶に尋ねます。

沙耶は不安なんて無いと否定し「仕事のことを考えてただけ」だと誤魔化しました。

書類を拾い終えた沙耶が立ち上がると、優悟は沙耶を抱きしめます。

沙耶は「ここ会社です」と優悟を注意しますが、優悟は沙耶を離そうとしません。

沙耶が優悟をミラ見つけても、優悟は余裕の笑みを浮かべるだけでした。

優悟は沙耶のあごに手を添えると「部長ってやついいな」と沙耶の呼び方をからかいます。

沙耶は誰かくるからと優悟から顔をそらしますが、優悟は大丈夫と言って沙耶の唇を奪いました。

唇を解放した優悟は沙耶に「妙な心配はするなよ」と言って、沙耶を抱き寄せます。

優悟は「俺には沙耶だけだ」と言って、沙耶を安心させました。

そして優悟は沙耶が落ち着くと、先に戻ると資料室を出て行きます。

資料室に残った沙耶は先ほど満が言ったように、優悟は甘々だと微笑んでいました。

沙耶が資料室から照れくさそうな顔をして出てくるのに、水田は気が付きます。

沙耶が赤く火照った頬を冷ますように手であおいでいるのを見た水田は、ギリっと歯を食いしばるのでした。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (22話)を読んだ感想

優悟の態度は立派だと思います。

上に立つ人間は、自分に近い人ほど、厳しくしないといけないでしょう。

それに沙耶に期待しているのもあるんじゃないでしょうか。

沙耶の気持ちも分からなくは無いんですけどね。

最初は好きな人と話ができるだけで嬉しいんですけど、話せるようになると好きになってほしくなって。

好きになってくれると、大事にして欲しくなって。

大事にしてくれると、独占したくなって。

と、欲望は尽きることが無いですものね。

さすがに独占までは無いにしても、少しくらい特別扱いしてほしくなるものだと思います。

それに優悟は女性社員に絶大な人気が有りますからね。

最初の歓迎会も、優悟がいるからと秘書課からまで美人秘書が集まるくらいですから。

沙耶が嫉妬するのもわかります。

それにしても優悟ってば、資料室でイチャイチャは上に立つものとしてどうなの?と思ってしまいました。

しかも昼休憩とかではなく、完全勤務時間。

落ち込んでいる沙耶を元気づけたかったのかもしれませんが、公私混同はまずいでしょう!

沙耶の様子で水田も気が付いてしまいましたし、問題にならないと良いですね。

そして沙耶は友里と満にいつ話すんでしょう?

誘われているご飯の時でしょうか。

友里や満に話すより先に、水田と話をしてあげて欲しいです。

いくら水田が優悟と話した後でいいと言ったとしても、水田をないがしろにしすぎですよ!

自分が幸せになったからと言って、自分を支えてくれた人を忘れないで欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事