【甘い罠に溺れたら】23話のネタバレと感想!内緒
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」23話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (23話)のあらすじ・ネタバレ

友里に誘われて満と3人で食事に来た沙耶は、優悟と付き合うことになったことを話します。

友里と満は当然、驚きました。

満は男嫌いの沙耶が優悟と付き合い始めたことにも、驚愕しています。

沙耶はお酒を飲みながら、気まずそうに視線をそらします。

満は学生時代の元カレが上司で元サヤという沙耶と優悟の状態を、少女漫画のようだと目を輝かせていました。

沙耶はそんなドラマチックなものではないと、否定します。

すると友里が沙耶のトラウマの原因が、優悟だと言うことに気が付きました。

沙耶が苦しんだことを知っている友里は「本当に大丈夫なの?」と沙耶を心配します。

宝条の事もあって、友里は手放しで応援することはできません。

沙耶も宝条のことは気になりますが、優悟と「抱え込まないでちゃんと話そうと約束した」から大丈夫だと言います。

友里と満は宝条のような女に負けないで、一層のこと仕返しをしようと言い出しました。

ところが沙耶は「幸せだからいいの」と幸せそうな笑みで答えます。

友里と満は幸せオーラ全開の沙耶を見て、にんまりと笑いました。

そして満は再会してから「どうなんですか?」と尋ねます。

意味が解っていない沙耶に満は「昔より燃えたぁ?」ってことだと説明しました。

何を言い出すのかと顔を真っ赤にした沙耶を、友里と満は「かわいいー」とからかいます。

満は会社で話していた“優悟は彼女に対してどんな対応なのか”という話の流れで、優悟は「どSと甘々どっちなんですか?」と沙耶に聞きます。

沙耶は言葉に詰まり「内緒」と言うことで片付けました。

友里と満は「2人だけの秘密ですって!」と茶化します。

恋バナにキャッキャッしている友里と満を見ながら、沙耶はしてないからそんなのは分からないと思っていました。

再び付き合い始めてから、優悟はキス以上のことを沙耶にすることはありません。

優悟がタイミングを逃したのか、沙耶に魅力がないのか。

それとも宝条が言うように、まだ信用されていないのか。

沙耶は不安になります。

いまだに『佐伯グループ』の事も聞かされていないことで、沙耶の不安は増すばかりです。

後日。

沙耶は水田と打ち合わせを終えて、二人で歩いていました。

元々この打ち合わせは優悟とアシスタントをしている沙耶が行く予定だったのですが、優悟が急遽本社に呼び出されてしまったのです。

沙耶は優悟の代わりを頼んでしまったことを、水田に謝罪しました。

水田は優悟は忙しいから構わないと言ってくれます。

そして水田は辛そうな顔をして「部長とは順調?」と沙耶に問いかけました。

沙耶は水田に返事をしないままでいることを思い出し、その場で「ごめんなさい」と頭を下げます。

今まではっきりせずにいたことを謝罪した沙耶は、どうしても優悟のことが好きで一緒にいたいのだと本音で話しました。

微笑んだ水田は沙耶の肩に手をおいて、沙耶は優悟じゃないとダメなのだと「わかっていた」と言います。

そして今後も同僚として「よろしく」と沙耶に笑いかけました。

水田は沙耶の肩から手を離すと、仕事の話を始めるのです。

沙耶には話を変えようとしてくれている水田の優しが伝わって「はい」と返事をしました。

その日の夜。

仕事を終えて自宅でくつろいでいる沙耶に、優悟から「遅くにごめん」と電話が入ります。

沙耶は電話の向こうで「今から会いたいけど、もう遅い」という優悟に、「会いたい」と素直な気持ちを伝えました。

車の中で電話をしていた優悟は、沙耶に会いたいと言われてきゅんとしてしまいます。

優悟はハンドルを握って「あと20分後くらいに行く」と沙耶に約束をしました。

沙耶は「待ってる」と言って電話を切ります。

そして沙耶は優悟が来るまでに、部屋を少し片づけておくことにしました。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (23話)を読んだ感想

満は沙耶から恋バナが聞けて、目を輝かせていますね。

基本恋バナが聞ければ楽しいタイプの子なのでしょう。

沙耶に嫉妬することもなく、本当に良い後輩なのがわかりますね。

そして友里はやはり沙耶のことを心配しましたね。

そりゃ1話で「沙耶をそんなに深く傷つけた男は許せない」と言っていたくらいですから、複雑な気持ちでしょう。

それでも沙耶が幸せそうに笑っているから、納得するしか無いのでしょうね。

友里は本当に親友と言っていい存在だと思います。

そして沙耶は水田に返事するの忘れてたってことですか?

それはあまりにも酷すぎません?

ちょっと沙耶が自分勝手な気がして、イラっとしてしまいましたよ。

誤解があって優悟とすれ違って、辛い思いをしたのは同情します。

けれどだからと言って、水田への返事を遅らせて良い理由にはなりませんよね。

しかも仕事中に誰が見ているか分からない道で「ごめんなさい」って・・・。

水田が優しい人だからって、酷いフリかたをしますね。

せめて人目に付かないところにいくくらいの配慮はして欲しかったです。

まあ、水田本人がそれでいいなら外野が、文句を言うことでもないでしょうが。

そして急遽本社に呼び出された優悟が、沙耶に連絡を入れてきましたね。

何が有ったか話すつもりなのでしょうか。

それだけ一緒にいたいと思うなら、一緒に暮らせばいいのにと思ってしまいます。

大学時代も一緒に住んでいたんでしょうから、今更でしょう?

そうすれば忙しくても、少しは顔を合わせることができるし、良いんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事