【甘い罠に溺れたら】28話のネタバレと感想!親からの反対
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「甘い罠に溺れたら」28話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

「甘い罠に溺れたら」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (28話)のあらすじ・ネタバレ

結婚して欲しいのではなく幸せになってほしいと言った母親は、大学生の頃にぼろぼろに傷ついた沙耶を見て心配せずにはいられないと言います。

沙耶はそんな前の事を、母親が覚えていたことに驚きました。

大学生の時の事は誤解だったことを説明しようとした沙耶は、「実はそのときの人と復縁した」事を話します。

すると今まで黙って聞いていた父親が「どういうことだ」と怒り始めました。

沙耶がぼろぼろになるほど傷つけた相手と復縁した事が納得できないようです。

予想外の父親の反応に驚いていた沙耶は、昔のことは誤解が有ったせいだと言いました。

優悟が佐伯グループの社長の息子だったから起きた事で、沙耶はそのことを説明しようとします。

しかし佐伯グループの社長の息子が相手だと聞いた父親は、更に激怒して「苦労するのが目に見えてる!」と怒鳴りました。

一般家庭に育った沙耶が、そんな良家に嫁ぐことが心配なのです。

沙耶は父親の怒鳴り声に、ビクっと体を震わせました。

怒った父親が部屋を出ていくと、母親が沙耶に優しく話しかけます。

沙耶がいくら昔は裏切られたけど、それは誤解だったと言っても。

その彼が実はお金持ちだったと言われても。

一度沙耶を傷つけた人物が、また沙耶を傷つけないとは限りません。

そんな人に大事な娘を「お願いします」とは、親として言えるわけが無いというのです。

母親に「応援なんてできない」と言われた沙耶は、親の予想外の反対に有って困惑してしまいました。

母親はこの話はひとまず終わりにしようと、沙耶に「ゆっくりしてなさい」と微笑んで部屋を出て行きます。

ちょうどその時、優悟から実家は楽しんでるか尋ねるメッセージが届きました。

親に反対されて前途多難とは言えない沙耶は、家から見える海の写真を撮って送信します。

優悟は沙耶が送ってきた写真を、難しい顔で見ていました。

翌日。

沙耶は料理をしている母親に、昨日の話をしたいと話し掛けます。

しかし母親はそれを無視して「これ運んでくれる?」と、出来た料理を運ぶようお願いしてきました。

どうやら母親は話を聞く気が無いようです。

沙耶がなんにも聞いてくれなさそうだと呆れていると、来訪者を知らせるチャイムが鳴りました。

沙耶が応対に出ると玄関には大知が立っています。

どうやら母親がビールの配達を頼んでいたようでした。

台所から出て来た母親は大知にお礼を言うと、「昼ごはん食べていきなさいよ」と誘います。

家族ぐるみの付き合いがある大知は「いいんすか?」と、家に上がりました。

これは母親の作戦で、どうにかして沙耶と大地をくっつけようとしているのです。

母親がわざわざ大地と合わせようとしたことに気が付いた沙耶は、母親をじとっとした目で睨みました。

沙耶と沙耶の両親。そして大知の4人で昼食を取っていると、沙耶の母親が突然「酒屋の手伝いをしてくれる奥さんが良いわよね」と言い出します。

何も知らない大知は「一緒に店をやってくれたら最高です」と普通に答えていました。

すると沙耶の母親が「沙耶なんてどう?」と言い出します。

沙耶がびっくりして、飲んでいた飲み物を吹き出してしまいました。

母親は沙耶がむせている横で「照れちゃって」と、ニコニコ笑って沙耶が帰ってくれば「私たちも安心だし」というのです。

大知はどう答えたらいいか分からず、困った顔で笑って誤魔化そうとしていました。

沙耶は人様にまで迷惑をかけるようなことを言い出した母親に腹を立て、立ち上がって「私は彼しか好きじゃない」と言おうとします。

すると庭の方から「失礼します」と声がしました。

海が見える庭の方を振り返った沙耶は、オーストラリアに出張中のはずの優悟がそこにいることに驚きます。

沙耶が「どうして?」と言うと、優悟はニコッと微笑んで足を揃えて真っ直ぐに立ちました。

優悟は頭を下げて挨拶をし、5年前沙耶を傷つけたお詫びが遅くなった謝罪をします。

沙耶が優悟を止めようとすると、父親が家に入るように言いました。

父親は厳しい顔をしたままです。

スポンサーリンク

甘い罠に溺れたら (28話)を読んだ感想

沙耶は両親にしっかり愛されていますね。

玉の輿だと知って、苦労するからと反対できる両親はすごいと思います。

世の中には、玉の輿とわかったら相手がどんな人より、お金のことばかり気にする親もいると聞きますから・・・

強引ではありますが、沙耶を傷つけた人より勝手を知っている近所の幼馴染を勧める気持ちは、分からないでもありません。

でもだからと言って本人の気持ちを無視した行動は、やっちゃダメですけどね!

それに一番ダメなことをしたのは、沙耶でしょう。

わざわざ今の彼が大学の時、揉めに揉めた元カレで元サヤとは言わなくてもいいんですよ。

会社の上司だと言うことだけ伝えればよかったんです。

どう考えても沙耶を傷つけた元カレって立場は、揉める原因にしかならないでしょう。

沙耶は障害を乗り越えた私たちの愛は本物とでも、言いたかったのでしょうか?

結婚前提で元サヤに収まって、周りが見えなくなっているように思えます

沙耶にとっては歓迎されないと思っていた優悟の両親に認めて貰えて、歓迎されると思っていた両親に反対されるという予想外の事態。

どうしたらいいか分からなくなっていたのもあるのでしょうね。

そのことを優悟に話せず、写真だけを送った沙耶。

その写真を見ただけで、優悟には沙耶の気持ちがわかったのでしょうか。

急いでオーストラリアから駆けつけましたね!

直行便でも10時間くらいは掛るでしょうに。

さすがに仕事を放って来てはいないと思いますが、沙耶のために頑張ったのでしょう。

でも優悟もちょっと失礼ですよ。

他所の庭に侵入して、お昼時に声を掛けるなんて!

余計に反対されることになりかねませんよ。

緊急事態でない限り、玄関から訪ねるのがマナーです。

なんだか今後の優悟と沙耶が心配になってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

「甘い罠に溺れたら」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「甘い罠に溺れたら」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「甘い罠に溺れたら」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事