【偽装カレシに愛されてしまいました】6話のネタバレと感想!ありがとう
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「偽装カレシに愛されてしまいました」6話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「偽装カレシに愛されてしまいました」を読むならめちゃコミック

「偽装カレシに愛されてしまいました」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

偽装カレシに愛されてしまいました (6話)のあらすじ・ネタバレ

誠司の伯母である祥子はめぐみと誠司の馴れ初めを聞いて、2人が付き合い始めたばかりだと信じていました。

それでも祥子は「結婚はしないの?」と質問します。

結婚と聞いためぐみの態度がおかしいのに気が付いた誠司は、祥子に飲み過ぎな上に飲ませすぎだと注意して話を変えようとしました。

ところが酔っているめぐみは、結婚のことはあまり考えていないとぼーっとしながら答えます。

祥子が理由を聞くと、めぐみは色々不安があるのだと言いました。

めぐみは今まで結婚のことを考えるのを避けて、拓也ともなるべく結婚の話題を出さないようにしていたのです。

それでも別れ話をされた日。

プロポーズされるかもしれないと思った時は、嬉しくもありました。

過去の光景を思い出しためぐみはやはり、家族を作ることを怖いと思ってしまいます。

祥子は謝罪するめぐみに「結婚が全てではない」といい、祥子自身は誠司に相手が現れただけで十分だと言いました。

そして心配のタネを1個減らしてくれためぐみに、お礼を言います。

「ハイ!」と勢いよく返事しためぐみは、一瞬止まりました。

そして照れた顔を隠すようにうつむいて、「こちらこそ」と感謝を伝えます。

誠司にたくさん助けてもらったと言います。

婚約パーティーの時、誠司のおかげで本当に救われたのです。

誠司が居てくれなかった事を想像すると、めぐみは怖いと言いました。

そしてめぐみは誠司の方を勢いよく向きます。

酔っているせいでうるんだ瞳と紅潮した頬をしためぐみは、誠司に「ありがとう」とお礼を言いました。

話を聞いてた祥子は号泣しながら、めぐみのことは「誠司が幸せにする!」と無責任な発言をして乾杯します。

「あーもう」と呆れたような発言をした誠司は、水を貰ってくると立ち上がりました。

めぐみと祥子に背中を向けた誠司は、赤くなった顔を覆って「ずるい」とつぶやきます。

その誠司が水を貰って戻ると、めぐみはご機嫌な顔で撃沈していました。

祥子は笑って誤魔化そうとしています。

祥子がアルゼンチンの話をしていたら、めぐみが然落ちたと言うのです。

誠司は加減をしなかった祥子を叱ります。

普段テキーラのショットレースしている南米の人と同じ扱いをされてはこまるのです。

祥子は「ごめんごめん」と軽く謝罪し、支払いは祥子が持つから誠司はめぐみを連れて帰るよう言いました。

誠司とめぐみが付き合っていると信じている祥子は、「いいでしょ」と酔っているめぐみを誠司に任せます。

祥子から「またね~」と挨拶されためぐみは、フラフラしている体を起こしてヘラヘラと笑いながら「はぁぁい」と返事をしました。

誠司は酔っ払っているめぐみを支えながら、めぐみを家まで送ることにします。

めぐみは誠司に自宅までの道を説明しながら、楽しいお酒が久しぶりだったと浮かれていました。

誠司にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

誠司は部屋に入るわけにも行かないので、部屋の前まで送った後は「自分でやってください」と言いました。

お酒に酔っていてご機嫌のめぐみは「なんで?」と誠司に問いかけます。

誠司が「なんでって・・・」と言いかけると、めぐみは「上がっていって」とお酒で上気した頬で微笑みました。

もう少し誠司と話がしたかっためぐみは、誠司の袖を掴んで引き止めます。

翌日。

目が覚めためぐみは、二日酔いで頭がズキズキしていました。

めぐみは昨夜、祥子と解散した後の記憶がありません。

ゆっくりと目を開けためぐみは、ここが自分の家だと気が付きます。

めぐみは体を起こして、いつの間にか自分が着替えていることにも驚きました。

そしてめぐみが時間を確認しようとすると、首からタオルを掛けた誠司が「起きました?」と声を掛けて来たのです。

めぐみは誠司が自分の家にいる状況に、呆然としました。

スポンサーリンク

偽装カレシに愛されてしまいました (6話)を読んだ感想

めぐみは家庭環境に問題が有ったようですね。

それで結婚に前向きになれないようです。

医師になったと言うことは、金銭的にはそれほど苦しくはなかったと思われます。

それでも家庭環境に問題があるとすれば、厳しいしつけだったのでしょうか。

それこそ100点じゃないと許されないとか、長男だけが優遇されるとかあったのかもしれないですね。

そのせいで結婚の話を避けていたことで、拓也も必要とされてないと思うようになったのかもしれません。

だからと言って二股はダメですけど。

それにしても誠司はよくめぐみのことを見てますよね!

祥子に結婚の話題をふられた時のめぐみの反応を見て、話題を変えようとしました。

それにてんぷらが好きなのも知っていましたし、かなりめぐみのことを見ている証拠ですよね。

そしてめぐみにお礼を言われた時、普段クールな誠司が珍しく照れて顔を赤くしてました。

これはやはりめぐみのことが好きだと言うことで、間違いないですよね?

というか、そうであってほしいです・・・!

酔っためぐみのとろんとした表情が、殺人的にかわいいせいもあるでしょう。

その上普段は隙を見せない感じのしっかり者のめぐみが、ヘロヘロになっているギャップにもトキメキますよね。

そんな状態で部屋に来てと言われた誠司。

そりゃ行きますよね。

行かない理由がないでしょう。

朝に気が付いためぐみは何かあったと思い込んでそうですけど、何もなかったんじゃないでしょうか。

どんなやり取りが有ったか、気になります。

スポンサーリンク

まとめ

「偽装カレシに愛されてしまいました」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「偽装カレシに愛されてしまいました」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「偽装カレシに愛されてしまいました」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事