【偽装カレシに愛されてしまいました】7話のネタバレと感想!おもしろい先輩とわかいい後輩
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「偽装カレシに愛されてしまいました」7話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「偽装カレシに愛されてしまいました」を読むならめちゃコミック

「偽装カレシに愛されてしまいました」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

偽装カレシに愛されてしまいました (7話)のあらすじ・ネタバレ

祥子と誠司とめぐみの3人で飲んだ翌朝。

めぐみは二日酔いで目が覚めます。

祥子と解散した後の記憶がないめぐみが、ゆっくり体を起こすとそこには誠司の姿が有りました。

部屋に誠司がいることに驚いためぐみは、顔を真っ青にして「やってしまった?」とつぶやきます。

誠司はあっさりと認めました。

めぐみは最悪なことをしたと焦ります。

目の前にいる誠司は後輩。

めぐみは後輩相手にセクハラをしてしまったのかと、冷や汗が流れました。

酒に酔って後輩相手にしてしまうなんて許されないと思っためぐみは、ベッドの上で土下座して誠司に謝罪します。

まさかめぐみが土下座まですると思っていなかった誠司は驚きました。

恥ずかしさや情けなさで顔を真っ赤にしためぐみは、穴があったら入りたい気分です。

誠司はたしかに「驚いたし、困りましたけど」と言いますが、それは服に嘔吐されたのが初めてだったからなのです。

誠司は服が汚れたので「勝手に乾燥機借りてます」と浴室を指さして、ついでにシャワーを借りたと説明しました。

めぐみは自分がとんでもない勘違いをしていたことに気が付きます。

誤魔化すように笑いながら「もちろんどうぞ」と言っためぐみは、心の中でそっちか!と思っていました。

ヤってなかった事に安堵しためぐみは、状況を整理します。

泥酔して誠司に家まで送ってもらい、服にゲロ吐いて足止めしたのだと状況をまとめます。

ヤってなくて良かったと思ったばかりですが、1ミリ良くありません。

どのみち最悪なことをしたと、めぐみは再びベッドの上で土下座して謝罪しました。

誠司はめぐみの反応を見て吹き出してしまいます。

誠司はめぐみのことを前から「おもしろい先輩」だと思っていたと、くしゃっとした笑顔で言いました。

めぐみは誠司の顔をじっと見つめて、誠司は「笑うとかわいい」と最近気が付いたと言います。

顔を赤くした誠司は「何ですか急に」と、照れ隠しで強気な言い方をします。

めぐみが「照れた?」と聞くと、誠司は顔を背けて「照れてません」と答えました。

めぐみから誠司の顔は見えませんが、真っ赤になった耳は丸見えです。

かわいい行動をとる誠司をみためぐみは、頬を染めて「わかりやすい」と思うのでした。

顔の赤みが落ち着いた誠司は、気になっていたことが有ると言い出します。

めぐみの部屋があまりにもモノが少なかったので、「引越したてなんですか?」と問いかけました。

めぐみは言いにくそうに、「まあ」と答えます。

誠司が不思議に思っていると、めぐみは絞り出すように「親が怖くて」と言いました。

よくわかっていない誠司は親にモノを増やすと怒られるとかなのかと、のんきに考えます。

めぐみは膝を抱えて、親がいわゆる毒親だったと事を話しました。

高校卒業と同時に家を出ても、追い詰めてくる親。

めぐみは常に逃げていて、見つかった時のことを考えると物を増やすことができないのです。

だからめぐみは家族を作るのが怖いと言いました。

拓也に逃げられたのも、結婚をふんわり避け続けたせいなのかもしれないと思っていました。

そこまで話しためぐみはハッとします。

ついつい暗いハナシをした上に、誠司に飲み物も出していなかったと謝罪しました。

めぐみは家にあるペットボトルのお茶を用意しようと立ち上がって、誠司の横を通ろうとします。

すると誠司はめぐみの腕を掴んで、真剣な目でめぐみを見つめました。

立ち上がった誠司は首にかけていたタオルが落ちたのも放置して、めぐみを抱きしめます。

めぐみはずるいことを言ってしまった自覚が有りました。

同情されたかっただけだとわかっているのに、誠司の腕をふりほどくことができません。

これ以上はダメだとわかっているのに、頬を染めためぐみは誠司に頬を撫でられて顔をあげました。

そして誠司とめぐみは見つめ合うのです。

スポンサーリンク

偽装カレシに愛されてしまいました (7話)を読んだ感想

目が覚めたら自分はしっかり部屋着に着替えていて、目の前にいる男がランニングシャツ姿で髪を拭いている状況。

そりゃその状況で記憶があいまいなら、ヤったと思っても仕方ありませんよ!

めぐみがセクハラをしたと思ったのには驚きましたけどね!

もしヤっていたとしても、この状況ならセクハラには値しないんじゃないでしょうか。

めぐみが相当な権力者で、誠司を脅したとかなら話は別でしょうけど。

そんな考え方をするめぐみだから、誠司はおもしろいと思ったのでしょうね。

めぐみをおもしろがって笑った誠司の笑顔を、めぐみはかわいいと言います。

そう言われて、照れるせいじもまたかわいい。

めぐみが言うように、誠司の笑い方って子供見たいでかわいいですよね。

でも真剣な顔をしているときは、やっぱりかっこよくて。

ギャップがたまりません。

それにしてもめぐみは親に恵まれてなかったんですね。

めぐみが家を出てもつきまとっているってことは、金銭面がルーズなタイプの親なんでしょうか。

それなのにめぐみは医学部に通ったということは、頼れる親戚がいたのかもしれません。

その話を聞いた誠司は、めぐみを抱きしめました・・・!

これはめぐみの勘違いが事実になったりするのでしょうかね。

スポンサーリンク

まとめ

「偽装カレシに愛されてしまいました」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「偽装カレシに愛されてしまいました」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「偽装カレシに愛されてしまいました」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事