【偽装カレシに愛されてしまいました】12話のネタバレと感想!頼ってください
スポンサーリンク

今話題の人気漫画「偽装カレシに愛されてしまいました」12話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「偽装カレシに愛されてしまいました」を読むならめちゃコミック

「偽装カレシに愛されてしまいました」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

スポンサーリンク

偽装カレシに愛されてしまいました (12話)のあらすじ・ネタバレ

偶然エレベーターで松本と一緒になった誠司は、拓也がめぐみにつきまとっていたことが頭によぎりました。

松本と結婚するはずの拓也がめぐみにつきまとっているのは、おかしな話です。

誠司は松本からめぐみとはどうなのか聞かれたので、松本に拓也と結婚するのはどうなっているのか聞き返しました。

松本は拓也のことは既にフったと微笑みます。

誠司が驚いていると、松本は拓也をめぐみに返そうかと言い出しました。

動揺した誠司に「なんちゃって」と微笑む松本は、エレベーターが開くと誠司を残して降りて行きます。

誠司はもやもやしたものを抱えながら、松本の背中を見送りました。

廊下を歩く松本は悔し気な表情をしています。

一方。

資料室で調べ物をしていためぐみは、拓也からのメッセージの事で悩んでいました。

エリコと食事に行った後に見た拓也からのメッセージは、謝罪と一度話せないかという打診でした。

めぐみはまだ返事ができていません。

甘いと言われるかもしれませんが、拓也の申し出に応じるべきか迷っていたのです。

すると誠司が耳元で声を掛けてきました。

どうやら何度呼んでも気が付かないから、近くで声を掛けたようです。

めぐみが慌てて返事をすると、誠司は大丈夫かと尋ねました。

めぐみがきょうずっとぼーっとしていることを、心配していたのです。

めぐみは一瞬、誠司の拓也のメッセージの事を相談しようか考えますが、自分の問題を誠司に話すのは問題ないと思いなおしました。

めぐみが少し疲れているだけだから大丈夫だと笑うと、誠司はめぐみの前に立って明らかに不機嫌そうな顔をします。

めぐみはどうして誠司がむすっとしているのか分からずに困っていると、誠司は両手を伸ばしてめぐみの両頬をむぎゅ~っとつねりました。

そしてめぐみの顔を両手で包んで誠司の方を向かせると、「頼ってください」と言ったはずだとめぐみに言い聞かせます。

めぐみは顔を真っ赤にして、誠司に謝罪しました。

誠司はめぐみの顔から手を離すと、何があったのか尋ねます。

めぐみは誠司が触れていた頬に手を添えながら、拓也から届いたメッセージのことを話しました。

すると誠司はそれに行くつもりなのかと、少し呆れ気味に言います。

すこし悩んだめぐみは来週あたりに会ってみようかは思っていると言ますが、誠司は心配で本当に大丈夫なのか尋ねました。

拓也の方から人目が有るところが良いだろうと、店で会うことを提案してきたことから反省していることが伺えるとめぐみは言います。

それに7年も付き合った相手だからこそ、今のようにぐちゃぐちゃになったままよりはめぐみ自身もすっきりする気がするのです。

誠司が不安そうな顔をしていると、めぐみは何があったのか普通に気になるのというのも理由だと言いました。

その意見には誠司も納得でした。

しかし誠司はめぐみを一人で拓也に会わせるのは不安で、ついて行こうかと言います。

ところがめぐみはちょっと話すだけだからいいと、あっけらかんと断りました。

ただもし万が一何かあったら電話してもいいかと、微笑みながら付け加えます。

誠司はついて行きたい気持ちを抑えて、それはもちろん構わないと言いました。

そして無理だけはしないように釘を刺します。

めぐみは誠司にこれ以上はなるべく迷惑を掛けないよう、頑張ってみると笑いました。

誠司は別にそんな風には思っていないと言いますが、めぐみはすでにだいぶ面倒なことに巻き込んでしまってると言います。

その時資料室に松本が入ってこようとしているとは気が付いていないめぐみは、付き合ってるふりしてもらってるなんてと口にしてしまいました。

松本に誠司がめぐみの彼氏のフリをしていることが、松本にバレてしまったのです。

偽装カレシに愛されてしまいました (12話)を読んだ感想

エリコに相談したことで誠司への気持ちを考えていたところに、拓也からのメッセージ。

めぐみは更に迷うことになってしまいましたね。

7年も付き合って来た相手に対して非道になり切れないめぐみの気持ちはわかりますが、せめて誠司について来てもらいましょうよ。

そこは甘えていいところだと思います。

めぐみからすれば迷惑かけたくないと思っているのかもしれませんが、心配で気が気じゃなくなる誠司の気持ちも考えて欲しいものです。

誠司がそこまで心配しているとはめぐみは思っていないのでしょう。

しかし誠司はおそらくめぐみに好意を抱き始めていますから、心配で仕方ないと思いますよ。

たとえ好意を抱いてなくても乗り掛かった舟な上、この前拓也に怯えているめぐみを目撃していますからね。

そしてとうとう松本にバレてしまいましたよ!

これはマズい気がしませんか?

もし本当に松本が拓也と別れてしまっているとしたら、誠司を狙いに来てもおかしくないと思ってしまいます。

な松本はんだかめぐみに対して、ライバル心を燃やしているように見えるんです。

拓也に二股されていたせいなのか、他に何かあったのか。

それとも拓也がめぐみのもとに戻りたそうにしているからなのか。

何が理由かわかりませんが、めぐみに負けるのだけは嫌そうに見えます。

誠司が彼氏のフリをしているだけと知った松本が何をしでかすか、気が気じゃありません。

スポンサーリンク

まとめ

「偽装カレシに愛されてしまいました」はめちゃコミが広告掲載している今話題の女性漫画です。

この漫画は現在、漫画配信サービス「めちゃコミック」でのみ独占先行配信中の作品なので、読みたい方は「めちゃコミック」から「偽装カレシに愛されてしまいました」で漫画検索して読んでみてくださいね。

現在期間限定で無料話も拡大配信してることもありますし、広告掲載の反響で今後ますます話題に上がること間違いなしの注目作品なので、読むなら今がオススメですよ!

「偽装カレシに愛されてしまいました」を読むならめちゃコミック

スポンサーリンク
おすすめの記事