ふつうな僕らの
ふつうな僕らの

2021年7月13日発売の「別冊マーガレット」に湯木のじん先生の人気連載漫画「ふつうな僕らの」の最新話である28話が掲載されました。




早速ではありますが、「ふつうな僕らの」28話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「ふつうな僕らの」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「ふつうな僕らの」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。




「ふつうな僕らの」の最新話を無料で読む方法

「ふつうな僕らの」は「別冊マーガレット」(集英社)で連載されている少女漫画です。

今回のふつうな僕らのの28話は別冊マーガレット8月号で読むことができますが、すべての人が雑誌を買えるわけではありませんよね。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方もご安心ください!

「ふつうな僕らの」が掲載されている「別冊マーガレット」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「ふつうな僕らの」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「ふつうな僕らの」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。

「ふつうな僕らの」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

前回のあらすじ




 

(どこにもいけない)

(どこにもいたくない)

 

と独白する桜介は、学校にも家にも居心地の悪さを感じてしまい…

 

バイトへ行くと嘘をついて友達の家に入り浸ってしまいます。

 

遅くに帰宅した桜介に詰め寄る父親は、

  • 嘘をついたこと
  • 帰りが遅いこと
  • 親に言えないようなことをしているのか

問いただします。

 

いつもは放っておいてるのに、こんな時だけ親面されても…と、戸惑う桜介は思わず家を飛び出してしまいます。

雨の降る寒い夜に走った桜介。

 

一颯に投げつけた言葉を反芻したりそれを否定したりと、錯綜してしまい、翌日、熱を出す始末。

めまいでふらつき、テーブルに頭をぶつけた桜介は、そのまま倒れてしまいます。

(花川のことを好きにならなければ)

(こんな思い しなくてすんだのに)

 

途切れる意識の中、そんなことを考え…。

ふつうな僕らの第27話のネタバレはこちら!

「ふつうな僕らの」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

ふつうな僕らの(28話)のあらすじ・ネタバレ




クリスマス、一年越しの約束を果たすために二人は水族館へ!

 

一颯が東京へ行っても寂しくないようにと、おそろいのぬいぐるみ(アザラシの赤ちゃん…!)

を買ったり、クリスマスデートらしくツリーを見たりと、一緒に過ごせる時間を噛み締める二人。

 

門限が近くなり、椿の家の近くの公園のベンチに腰を下ろし、温かい飲み物を飲みながらメッセージを送り合うと、

 

『椿が泊まりに来たら楽しいだろうなって思ってたんだけど』

 

という一颯に対し、

 

『私も思ってた 行きたい』

 

と送る椿。

 

『まぁ 受かるか分かんないけどね』

 

やや後ろ向きな一颯の言葉に、元気いっぱい、

 

『先輩は大丈夫だよ!!全然落ちる気がしない!!』

『大丈夫!!』

 

満面の笑みで自信たっぷりにそう答える椿の姿に、

『椿のそういう所 本当に好きだ』

『パスケース拾ってくれたのが椿で良かった』

『椿と出会えてなかったらきっとこんな風に誰かを想うこともなかったし 自分を認めることもできなかった』

『今日みたいな火をこれからも椿と過ごしたい』

『距離ができたとしても何も変わらない いつも前向きで明るい椿が好きだ』

 

普段一颯が思っていることを椿に送り…

 

『でも そうじゃない椿を見せるのは僕だけにしてね』

 

取り繕っているわけではないにせよ…椿がいつも前向きで明るいわけではないことを知っている一颯がそう言って椿の頭に手をやると、

 

『私は 進学はこっちでするよ』

 

すでに行きたい学校を地元で見つけていること、親に恩を感じていること、一颯が東京に行くから自分も…とはなれないことを説明し…

 

『不安とかは別にないかな』

『……ちょっと……さみしいくらい』

 

と呟いて泣き出してしまう椿を、抱き締めてキスをする一颯。

 

さみしいけど

悲しくはないから

きっと 大丈夫

 

心の中でそう呟く椿…。

 

そして一颯が卒業を迎え、そこから時は6年後へ進み……。

 

後半の主人公(?)は梓に。

 

大学進学をし2年生になったころ、一人暮らしをする梓のもとに椿がやってきます。

 

椿は3年生の学校を卒業し、仕事を東京で探すタイミングで上京。

一緒に暮らして2年…椿が結婚のために新居に移るので、梓は再び一人暮らしに。

 

椿の新居への引っ越しを手伝った梓、二人の元へ一颯もやってきます。

家具を見に行く二人に声を掛けられますが、出かけるのが面倒な梓はそのまま家でお留守番。

 

(お姉ちゃんが結婚するなんて なんか変)

 

そういいながら、今まで椿と過ごした日々を振り返ります。

 

椿の治療に付き合って病棟で待っていたこと、忙しい両親にはあまり構われず、一人で過ごしていたこと。

 

(いつも もう誰も)

(帰って来ないんじゃないかと不安だった)

 

しっかりしていると思われがちな梓の本心は、ずっと不安や寂しさが付きまとっていました。

 

目が覚め、時計に目をやると20時を過ぎ、家のインターフォンが鳴ったことで安堵し、

 

『おかえりお姉ちゃん カギ忘れたのー』

 

と言ってドアを開けると、そこに立っていたのは桜介。

引っ越しの手伝いを頼んだはずの彼が、引っ越しが終わってから到着し、みんなで夕飯だけを食べるという状況…。

 

桜介とは面識のない梓だけど、たまに椿の会話の中に登場していたことを思い至ります。

東京の大学に進学した際の桜介は、一颯と二人で旅行に行ったり、一颯の家に泊まったりしていた様子。

 

3人の仲の良さを感じつつ、コンビニへ買い出しにいく梓。

…に付いてくる桜介。

 

知らない人とコンビニ行くのは…と抵抗を感じつつも、他愛ない会話のやり取りをする二人。

 

椿の結婚で一人暮らしになるので、さみしくないの?と聞かれた梓は、


『ひとりの方が気が楽なだけです』

『人の帰りを待つのも苦手だし』

 

『なんで?』

 

『…事故ってないかなとか 途中で倒れてないかなとか そういうことばっかり考えるから』

『私はお姉ちゃんを殺しがちで』

『でも もう心配しなくてすむ』

『お姉ちゃんは草野さんといるんだと思うと 幸せな姿を想像できるから』

 

『だから ああいう風に言うのか』

 

椿だと思ってドアを開け、嬉しそうにおかえりーと言った梓の様子に合点が行ったらしい桜介。

 

ひとりがいい…と思いつつ、思い合う相手がいるっていいなぁと思う梓は、

  • 自分より身長が高い人
  • 歩く速さを合わせてくれる人
  • 人にでかいとか言わない人
  • 自分が入ってないのにドアを閉めない人

 

と、桜介の取る行動の逆の人がいいと思い、部屋に入ろうとしたところで、

 

ガチャ

『ーーえ』

 

『おかえり梓 カギ忘れたの?』

 

梓の真似をする桜介にあっけに取られてしまいます。

 

梓の台詞と行動が良いと思ったらしい桜介、そんな彼の行動に、思わず赤面してしまう梓…。

 

再び4人揃ったところで、ケーキを楽しみます。

 

これからも ずっと続いていけばいい

ふつうな僕らの ふつうに素晴らしい日々が

 

そう言って、笑みを浮かべる椿と一颯なのでした。

「ふつうな僕らの」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

ふつうな僕らの(28話)を読んだ感想




個人的な感想ですが、主人公たちの後日談まで描かれている作品が大好きです…!
時間の流れを感じられる描写が特にいい…。

 

ふつうな僕らの、がここまで描かれるとは正直思わなかったので、嬉しい限りです。
このまま草野夫妻に子どもができたりして、この夫婦がどういう子育てをするのか、夫婦間の問題とかまで描かれたら絶対読みたいです(掲載誌を移動して)。

 

登場人物同様、梓はしっかりキャラという認識でいましたが、実はさみしがりだったり、不安を抱えていることに驚きました。

 

皆への愛情が人一倍強いからこそ、そういう不安に結びつくんですよね。
梓と桜介とのやり取りも凄くよかったので、この二人の今後の話もめちゃくちゃ読みたいです(掲載誌を移して(2回目))。

 

ともあれ、完結おめでとうございます!

「ふつうな僕らの」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「ふつうな僕らの」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。




当ページの情報は7月のものです。最新の配信情報はU-NEXT公式ページよりご確認ください。
おすすめの記事