漫画あらすじ
漫画あらすじ
スポンサーリンク

血界戦線 Back 2 Backは、内藤泰弘先生による人気少女漫画で、ジャンプSQで2015年7月から連載が始まりました。

かつてはニューヨークだった街は、現在はヘルサレムズ・ロットという街に変貌しており、異界特有の超常犯罪が横行する危険な場所だった。
ある少年は妹を救うためにこの街を訪れたが、謎の組織のメンバーだと勘違いされて・・・!?

ここでは「血界戦線 Back 2 Back」のあらすじや主要キャラクターについて紹介していきます。

『血界戦線 Back 2 Back』を読むならまんが王国

\ 毎日最大50%ポイント還元  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク

血界戦線 Back 2 Backの最新話を無料で読む方法

血界戦線 Back 2 Backは「ジャンプSQ」で連載されている内藤泰弘先生が描く少女漫画です。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方は、「血界戦線 Back 2 Back」が掲載されている「ジャンプSQ」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「血界戦線 Back 2 Back」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「血界戦線 Back 2 Back」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。

『血界戦線 Back 2 Back』最新話を読むならU-NEXT

\ 初回1冊タダで読める!  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク

血界戦線 Back 2 Backのあらすじ・ネタバレ

かつてニューヨークと言われた街は、異界ならではの超常犯罪が発生し「地球上で最も剣呑な緊張地帯」となりはてた「ヘルサレムズ・ロット」へと変貌していた。
この街にはクラウス・V・ラインヘルツを筆頭とし、世界の均衡を守るために様々な能力を使い、異界の住人と戦う「秘密結社ライブラ」という組織があった。
レオナルド・ウォッチは半年前、妹とともに異界のものに襲われた。妹を救うためにルサレムズ・ロットを訪れた彼は、「秘密結社ライブラ」の新人と間違われ、事件に巻き込まれてしまう。
彼は特別な力である「神々の義眼」を駆使して事件を解決した。
この事件がきっかけで本当に仲間入りを果たした彼は、事件の解決を目指す!

『血界戦線 Back 2 Back』を読むならまんが王国

\ 毎日最大50%ポイント還元  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク

血界戦線 Back 2 Backの主要キャラクターまとめ

血界戦線 Back 2 Backはただストーリーが面白いということだけではなく、登場するキャラクターたちの設定や関係性も魅力的に描かれています。

ここではそんな「血界戦線 Back 2 Back」の主要キャラクターについて紹介していきます。

レオナルド・ウォッチ(Leonardo Watch)

「神々の義眼」を持つ青年。
妹を救うためヘルサレムズ・ロットを訪れたが、事件に巻き込まれた際にライブラから神々の義眼の能力を見込まれ、妹の眼を元に戻す方法を探すことを条件とし、ライブラの一員となった。
お人好しな性格で、異界のものにも偏見を持たずに接する。
神々の義眼を手に入れる代わりに妹の視力を奪うことになったため、後悔している。
そのような経緯から自身のために神々の義眼の能力を用いることを好まない。
給金の大部分を妹への仕送りにあてているため、自身の生活は困窮している。

クラウス・V・ラインヘルツ( Klaus Von Reinherz)

ライブラのリーダーを務めている。「ブレングリード流血闘術」の使い手。
貴族の家の三男として生まれ、執事としてギルベルトが仕えている。
実家は闇家業ではなく、クラウスだけが牙狩りとなった。
巨体と強面が原因で誤解や勘違いをされることが多いが、外見に似合わず繊細で良識人。
ライブラの中でも圧倒的な戦闘力を有する。ライブラのメンバーを家族同様に大切に思っており、訥かつ誠実な人柄ゆえに人心掌握には未だに甘い部分がある。

ザップ・レンフロ(Zapp Renfro)

銀髪に褐色の肌をした青年。「斗流血法・カグツチ」の使い手。
粗野で金と女にだらしなく、普段は多くの女性の部屋を渡り歩いて生活している。
粗暴な振る舞いが目立つ反面、年長者には敬意を払っている。
レオナルドとは年齢が近いことや、共に戦闘をするという経験を通して良好な関係を築いていく。
師に対して非常に苦手意識を持っている一方で、斗流に対しては強い矜持を持っており、同門であるツェッドとは阿吽の呼吸のコンビネーションを見せる。

チェイン・皇( Chain Sumeragi)

ライブラと、その協力組織の「人狼局特殊諜報課(ルー・ガルーズフロムノーウェア)」両方のメンバーとして活躍する。
人間の美女の姿をしているが、その正体は「不可視の人狼」。
諜報活動のエキスパートであり、戦闘は苦手なのでサポート活動を主として活動している。
極めて毒舌で、特にザップに対しては言葉と暴力に容赦がなく、普段から奇襲をすることもある。
スマートな女性であるが、非常に初心である。
スティーブンに恋をしているが、そのことを知っているのは人狼局の同僚達とK・Kだけである。

スティーブン・A・スターフェイズ( Steven Allan Starphase)

目元に傷のある色男であり、その容姿から「スカーフェイス」の異名で呼ばれることもある。「エスメラルダ式血凍道」の使い手。
非常に頭の回転が早く、抜け目のない男で、お人好しなクラウスに代わりライブラの規律を正す副官的役割を担っている。
戦闘力も非常に高いため積極的に前線で戦い、色男であることを利用し「情報収集」を行うなどしてライブラになくてはならない存在。
クラウスに秘密で私設部隊を組織しており、ライブラのメンバーを守るために人には言えないような非道な方法でスパイたちを処分している。

ギルベルト・フランケ・アルトシュタイン(Gilbert Franke Altstein)

クラウスの実家に仕え、クラウスの世話をする老執事。
伝説のコンバット・バトラー。
クラウスと同様に非常に強面で、全身を包帯で覆っているが、非常に温厚な性格で、必要以上に自己主張することはない。
レオナルドやザップとゲームを楽しむ様子が見られるなどお茶目な面も多い。
執事という職に強い誇りを持ち、仲間に危害を加えられた際には異常なほど怒り、徹底的に相手を叩き潰す。
「再生者(レゲネラトーア)」という特異体質者であり、”致命傷”を受けた際には「死を回避する程度に体が急速再生」することができる。

K・K

眼帯を付け、大型のバイクを乗りこなす格好いい女性。
身長が180cm近くあり、非常にスタイルが良いが本人はあまり気に入っていない様子。
「血弾格闘技(954ブラッドバレットアーツ)」という銃撃格闘術を用いて戦う。
誰に対しても気さくでノリのよい性格だが、スティーブンのことは嫌いなようで友好的とは言えない態度を取っている。
既婚者であり、夫と2人の子供のマークとケインと共に暮らしている。
任務のために子供との約束を守れない事が悩みの種である。

『血界戦線 Back 2 Back』を読むならまんが王国

\ 毎日最大50%ポイント還元  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク
おすすめの記事