消えた初恋
消えた初恋
スポンサーリンク

2021年9月13日発売の「別冊マーガレット」に原作:ひねくれ渡、作画:アルコ先生の人気連載漫画「消えた初恋」の最新話である28話が掲載されました。

早速ではありますが、「消えた初恋」28話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

『消えた初恋』を読むならebookjapan

\ 1巻無料+2~7巻が50%オフ!  /

「消えた初恋」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。
スポンサーリンク

「消えた初恋」の最新話を無料で読む方法

「消えた初恋」は「別冊マーガレット」(集英社)で連載されている少女漫画です。

今回の消えた初恋の28話は別冊マーガレット10月号で読むことができますが、すべての人が雑誌を買えるわけではありませんよね。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方もご安心ください!

「消えた初恋」が掲載されている「別冊マーガレット」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「消えた初恋」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「消えた初恋」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。

「消えた初恋」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

スポンサーリンク

前回のあらすじ

仲直りし、泊りのホテルに向かった二人…

 

このまま穏便に一日が終わるのかと思いきや、予約ミスでベッドが一つしかない部屋に通され、もう一度確認してもらいます。

 

(青木がイメージしたのはツインの部屋、実際に予約したのはダブルの部屋)

 

他の部屋よ空いててくれ!という願いが通ったのか、

 

『ひと部屋 空きがございます』

 

『ほんとですか!?よかったー』

 

『ただ少々訳ありにはなりますが…』

『旧館のお部屋なのでちょっぴり古いんですよね』

『お客様からご意見を頂戴することも多くて…』

 

そう言いながら案内されたのは、やや設備の古い座敷の部屋。

 

他のお客さんからのご意見って=お化けが出るって意味じゃない!?!?

と、お化けが大の苦手な青木はビビりまくりますが、井田は至ってフツー。

 

消えた初恋第27話のネタバレはこちら!

『消えた初恋』を読むならebookjapan

\ 1巻無料+2~7巻が50%オフ!  /

スポンサーリンク

消えた初恋(28話)のあらすじ・ネタバレ

夏休み中、息抜きに夏祭りにやってきたあっくんとみおちゃん。

 

予報では雨ということになっていたけれど、一か八かで出たら(※みおちゃん判断)豪雨に見舞われ、夏祭りは中止!

近くのバス停で雨宿りをするあっくんwithみおちゃんは、

 

『今まで 私の勉強に付き合わせちゃったから 今日こそは楽しんでもらうはずだったのに…』

 

行きたい大学の推薦枠候補として担任から打診されていたみおちゃん。

そのために勉強を頑張っていたこと、今日だけはあっくんを楽しませようとしていた様子。

 

おおらかなあっくんは、夏祭り中止で泣き出すみおちゃんを

 

『こんなことで泣くって全部に全力過ぎでしょ』

『一周まわっておもしろい』

 

と受け止めます。

 

みおちゃんのスマホに、お父さんから電話があり

 

『その…パパが一緒に車で送るって聞かなくて』

『なんかもうすぐそこまで迎えに来ちゃってるみたい…』

 

とのこと!

 

突然のお父さんとの対面に戸惑いを隠せないあっくんと、

(さすがの相多くんも戸惑ってるよ…)

と同じくハラハラしてしまうみおちゃん。

 

黒の四駆に乗り、全身傷だらけ&坊主頭&サングラスのめちゃくちゃいかついお父さん(まるでゴツイウシジマくん)が登場し、

 

『乗れ』

 

とだけ喋り、二人を乗せてみおちゃんの家へと向かいます。

 

車内で

 

『すんません送ってもらって』

『おれ 相多颯人っていいます』

 

『ああ よーく知ってるぜ…』

『こないだ家の前で ウダウダ告白してたからな』23話参照

『ひと言 言ってやりたくてウズウズしてたんだよ』

『ただで帰れると思うなよ』

 

というお父さんのセリフと、

 

『パパ 相多くんに何かしたら許さないからね!』

 

というみおちゃんのセリフ、

車内に転がる一斗缶、血の付いた包帯を見て、

 

『みおちゃん ちなみにお父さんのご職業って』

 

と尋ねるも、

 

『それが…人には言えない仕事してて…』

 

と目を逸らすみおちゃんのセリフに、

 

(かたぎじゃないってこと!?)

(俺 生きて帰れるのか…?)

 

身の危険を感じてやまないあっくん。

 

家に着き、お母さんにも挨拶を済ませ、お父さんの服を借ります。

夕ご飯食べて行ったら?というお母さんの言葉に甘え食卓につくと、そこにはご馳走の数々が!

 

『うわーすげぇご馳走っすね お母さん料理上手っすね!』

 

と思わず褒めると、

『女が料理してるとは限らねぇだろーが』

 

と、エプロン姿のお父さんが一喝!

 

身の危険を感じてやまないあっくんがトイレに逃げ込み、

 

(怖えぇ…)

(殺されっかも…)

 

と独白するも、

 

『オラ!!出てこい!!』

 

とトイレのドアを叩いて催促するお父さんは、

 

『スイーツの時間だ 座れ おら!!』

 

恫喝(?)

 

アフタヌーンティーのカップケーキに見覚えのあるあっくんにみおちゃんが、お父さん直伝のレシピなのと答えると、

 

『えーー!!マジか!?』

『あれ めっちゃうまかったもんな お父さんのレシピやばいっすね』

 

と満面の笑みで答えると、そんな彼に一瞬顔をほころばせるお父さん…

そのまま仲良しとはならず、

 

『あ?”お父さん”だぁ?』

『坊主コラ 調子のって馴れ馴れしい口を』

 

と言いかけたところで

 

『いい加減にしなこのアホーーー』

 

とお母さんが叫び、ビンタでお父さんを倒します(!?)

 

軽々と宙に浮くお父さんを見て戸惑いが隠せないあっくん…!

サングラスが外れたお父さんの瞳を見て、

 

『もしかして 剛腕のキュートアイ!?』

 

『え 相多くん知ってるの?』

 

『ヤベェ激アツ!!』

『小学校の時よくばあちゃんに連れてってもらってたんですよ プロレス』

『すげー悪役なのにチラチラ見える目がめっちゃかわいくて』

『そこがまたよくてかわいいっつーか間抜けっつーか』

 

正直すぎる感想を述べてしまったと焦りますが、お父さんは照れて喜んでいる様子…。

ちなみに今は引退してトレーナーをしているとのこと…

 

昔の試合のDVDとか見る?という流れになり、

 

『すまねぇな変な態度とってよ』

『娘の彼氏と飲むのが夢だったんだよ』

『まあ俺 のめねぇからオレンジジュースだけどよ』

『俺も昔 母ちゃんに告白した時グダグダしちまったんだよ』

『だからちょっと懐かしいっつーか 話してみたくなったつーか』

※ママも元レスラー

 

その後もお父さんが出た試合のDVD観たり、談笑したり良い雰囲気…。

雨もやんだしバスで帰ります!というあっくんに、

 

『あー色々 不愉快な思いさせちまったかもだけど』

『また来てくれよな』

『は…は…はやとくん!』

 

と、精一杯挨拶をしてくれるお父さんと、安堵するあっくん。

 

バス停前の角まで送る!というみおちゃんにキスをして、わかれようとすると、

 

突如現れるお父さん!

 

『………忘れ物 柔軟剤でふわふわにしといてやったからよ』

 

と、あっくんが着てきたアロハを渡しつつ……

強めに握手するお父さんは、

 

『あと…』

『高校生らしい付き合いを頼むぜ…』

 

と、念押し(?)

 

ことの顛末をきく青木は、

 

(俺は井田の家族のこととかよく知んないよなー)

 

前に一度だけ井田のお母さんに会ったことがあるけれど…

とっさに付き合ってるのを隠す判断をした青木は、

 

(時々 引っかかってて)

(それで良かったのか?って)

(…井田はどう思ってんのかな その辺のこと)

 

そんなことを考えてしまう夜なのでした。

『消えた初恋』を読むならebookjapan

\ 1巻無料+2~7巻が50%オフ!  /

消えた初恋(28話)を読んだ感想

28話はみおちゃん&あっくん回!

 

今までの記事では橋本さんと書いていましたが、今回からみおちゃんでいくことにしました。
顔も中身も名前も可愛いみおちゃん。

 

なのに、突如強面お父さんが出てきて盛大に笑いました笑
おっとりみおちゃんの両親ともにレスラーってカッコよすぎて意外過ぎてww

車の助手席に一斗缶、血の付いた包帯、金属バット…
家にはサンドバッグと木刀と竹刀とゴルフクラブとロープ?

 

などなどが置いてあって、みおちゃんの

 

『人に言えない仕事』

 

ってマズイ予感しかしないのむしろスゴイ笑
構成員なの…?
せめて武器(拷問器具かも)は隠そう…?

 

強面なのに家事万能、そしてちょっぴり恥ずかしがりやなお父さん。
みおちゃんのルーツを知れたあっ君が嬉しそうなのが可愛かったです。

 

家族に紹介する流れが多い別マ作品に好感しかないです笑

『消えた初恋』を読むならebookjapan

\ 1巻無料+2~7巻が50%オフ!  /

「消えた初恋」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。
スポンサーリンク
おすすめの記事