恋のようなものじゃなく
恋のようなものじゃなく

2021年8月12日発売の「別冊マーガレット」に南塔子先生の人気連載漫画「恋のようなものじゃなく」の最新話である10話が掲載されました。




早速ではありますが、「恋のようなものじゃなく」10話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「恋のようなものじゃなく」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「恋のようなものじゃなく」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。




「恋のようなものじゃなく」の最新話を無料で読む方法

「恋のようなものじゃなく」は「別冊マーガレット」(集英社)で連載されている少女漫画です。

今回の恋のようなものじゃなくの10話は別冊マーガレット9月号で読むことができますが、すべての人が雑誌を買えるわけではありませんよね。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方もご安心ください!

「恋のようなものじゃなく」が掲載されている「別冊マーガレット」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「恋のようなものじゃなく」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「恋のようなものじゃなく」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。

「恋のようなものじゃなく」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

前回のあらすじ




避けられているかも知れないと思うと気が気でなかったこと

彼女に会いに行ってるって知ったときの気持ち

実際に目の前に現れて、何も考えられなくなったこと

 

大好きな幼なじみの友達ーーー

という関係だけだったら、ここまで感情を揺さぶられたりはしないはず……

 

胸の高鳴りを感じ、家に着いて落ち着いた未仁は、

 

(今度こそ はっきりわかった)

(私は 千耀くんが 好きなんだ)

(好きなんだーーーー)

 

クラスメイトで夏祭りに繰り出した未仁や伊鶴たち。
二人っきりになったタイミングで、この間のことを謝る未仁の言葉に、伊鶴は笑顔で返答します。

しかし肩を抱き寄せられたり、フルーツ飴のおまけをくれたりと、周囲から見ても特別扱いされている様子に、

 

(ああやっぱりこれ絶対よくない)

(期待させちゃうしみんなも誤解するしなにより)

(千耀くんに恋してるって自覚した今なら なおさら)

(はっきり断らなきゃーーー!!)

恋のようなものじゃなく第9話のネタバレはこちら!

「恋のようなものじゃなく」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

恋のようなものじゃなく(10話)のあらすじ・ネタバレ




夏休み期間中、カフェで一緒に勉強をする堀兄妹と未仁。

話しかけても時々ボーッとしている七緒に、彼氏と別れたことが原因かな?と思いを巡らせてしまいます。

 

美容室に出勤すると、店内を掃除していた千耀と遭遇します。

彼女に会いに行くための旅費を貯めるべく短期のバイトに勤しんでいたハズが、バイトが終わったそうで、それ以降は家の手伝いをしている様子の彼に、いちいちドキドキしてしまう未仁…。

 

仕事中、時折千耀を見ては

 

(好き)

(そう はっきり感じられることが 嬉しいーーー)

(好きな人がただそこに存在してる)

(それだけで こんなに幸せな気持ちになるんだ………)

(恋ってすごい)

 

恋をしている未仁がその幸せな感情に浸っていると、

 

『あれからーー何か言ってた?』

『堀妹 牛尾のこと何か言ってた?』

 

七緒が牛尾を意識している様子があるか、気にしている千耀から話しかけられます。

 

何も語る気配のない七緒に、同じく多くを語らない牛尾。

 

『ーーーまぁ今までほぼ絡んだ事もないし そんなもんか』

 

『牛尾くんっていい人っぽいよね』

『七緒ちゃんが男をバサバサ切るみたいにみんなから弄られてた時も』

『一緒に笑ってなかったし』

 

『うんいい奴だよ 人を悪く言ってるのとか 聞いたことないな』

 

完全に牛尾応援モードな千耀の言葉に、笑みを浮かべて聞く未仁。

そんな彼らのもとに、約束していたとおり訪れた七緒。

 

『ここって友達も来たりすんの?』

 

と尋ねる七緒の言葉に、一瞬止まり

 

『ーーーーき たことないかな………………』

 

と、意味深な間を持って返答する千耀。

カットとカラーが終わり、お店を出た七緒は日差しの強さに参りつつ、、

 

『あーもーこんな暑いと…プール行きたーい』

『バイト無い日行こーよ未仁』

 

という七緒の言葉に、何かをひらめいた千耀と未仁。

 

『も もっとみんなで行ったらいんじゃない!?プールだしっ』

『人数多い方が わーって騒げて楽しいかもっ』

 

『どした パリピみたいなこと言って』

 

牛尾くんとか!とは言えず、、、

 

『千耀くん達も 一緒にいかないっ!?』

 

ーーー結局、

千耀、牛尾、相馬

あと未仁と堀兄妹の6人でプールへ!

(東京サマーランドっぽい!)

 

はしゃぐ面々をよそに、ひとり笑いを堪える千耀は…

 

『未仁ちゃん…めっちゃ強引に持ってってたね』

『「うっ」て牛尾って言いかけたっしょ』

 

『牛尾くんの名前出したら変かと思って 踏みとどまったよ』

 

牛尾の恋のためにありがとうという千耀に、

 

『…七緒ちゃんが 思いっきり騒いで気分転換になればいいなぁって』

 

と答える、友だち思いな未仁の横顔を、笑顔で見つめる千耀。

 

七緒の視線に気づいた未仁がわけを聞くと、

 

『んーー関心してんの 楠瀬を強引に誘ったこと』

『未仁がこんな大胆な行動に出るとは思わんかったわ』

『ーーー好きなんでしょ 楠瀬のこと』

 

『…えっ えっ!?』

 

普段、人の為に何かをすることはあっても、自分のワガママを通すことのないらしい未仁。

それなのに、行動したってことは=本気の恋ってことでしょ

 

と、思ったらしい七緒は、未仁の恋を応援するから!と、半分誤解してしまい…。

千耀との関係を変えようとは思っていない未仁は焦りますが、

 

(なんか変なことになっちゃった…)

(牛尾くん・七緒ちゃんを応援したくてやったのに)

(七緒ちゃんから逆に 千耀くんと私を応援されるっていう違う展開にーーー)

 

しかしその分、二人を邪魔しないようにと、自分から進んで牛尾に絡んでいる七緒の姿を見て、結果オーライなのかな?とも思う未仁。

 

昼食後、プールの中で痴漢に遭った七緒に、浮き輪をかぶせる牛尾。

 

『その先 深くなってるから一応浮き輪しといた方がいんじゃね』

 

あくまで危なくないようにというのが理由だけれど、同時に痴漢を撃退した様子の牛尾を無言で見つめる七緒が考えていることとは…。

 

プール終わり、部活帰りの伊鶴を待っていた未仁は、

 

『……ごめんね 伊鶴くんの気持ちには応えられない』

 

と、告白の返事をします。

 

千耀が好きなのか訊いてくる彼に、

 

『…………今まで曖昧だったけど…』

『はっきり好きだって気づいた…』

 

そんな未仁に、

 

『彼女いる奴好きになるのってダメじゃん』

『略奪とか最低じゃん』

 

厳しい言葉を掛ける伊鶴…。

 

自分の立場を承知した上で、ただ好きだと言う気持ちを持っているだけだと説明する未仁に、

 

『じゃあ俺と同じじゃん 俺とどう違うの?』

『俺も 小山内のことが好きなだけだよ』

 

相手に届かなくても 伝えられなくても

気持ちが消えてくれるわけじゃない

思い通りにならないーーー

それでも私はーーー

気付いたばかりの この気持ちを 大切にしたい

伝えることはできなくても

 

と、心の中で呟く未仁なのでした。

「恋のようなものじゃなく」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

恋のようなものじゃなく(10話)を読んだ感想




牛尾を意識しているのかな…?な、七緒が可愛い!

女優の菜々緒のように美人でキツめの性格をしている七緒が、牛尾みたいな男子に恋をしたらどうなってしまうんだろう?
牛尾の方が落ち着いていて大人なびた雰囲気があるので、甘えている七緒とか見られたら嬉しいです笑

 

牛尾×七緒のために企画したプールイベント、当の七緒には誤解されてしまいましたが(まあ半分は正解)、これが後々良いように転がる気がしてならないです。

周りが自分の気持ちを知っていた方が上手くいきやすい気がするので…。

そしてようやく自分の気持ちを自覚し、伊鶴にも思いを伝えた未仁が、どう行動するのか、、
略奪は最低ですが、誰が誰を選ぶかは自由だと思うので、千耀が未仁を選べば奪った事にはならないはず…!

「恋のようなものじゃなく」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「恋のようなものじゃなく」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。




当ページの情報は8月のものです。最新の配信情報はU-NEXT公式ページよりご確認ください。
おすすめの記事