スポンサーリンク

ボクとキミの二重探偵は、辺天使(原作)・津田穂波(漫画)先生による人気少女漫画で、ジャンプSQで2020年3月から連載が始まりました。

僕徒レオは「ボクちゃん」とからかわれているは気弱な高校2年生。 そんな彼の隣の席は、君乃ミキという居眠りばかりしている不思議な女子生徒だった。 ある日、クラスメイトが行方不明になり、このことに興味を持ったミキはレオと共に事件の真相を目指す!?  二人の高校生による不可「解」な学園推理サスペンス、いざ開幕――。

ここでは「ボクとキミの二重探偵」のあらすじや主要キャラクターについて紹介していきます。

『ボクとキミの二重探偵』を読むならまんが王国

\ 毎日最大50%ポイント還元  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク

ボクとキミの二重探偵の最新話を無料で読む方法

ボクとキミの二重探偵は「ジャンプSQ」で連載されている辺天使(原作)・津田穂波(漫画)先生が描く少女漫画です。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方は、「ボクとキミの二重探偵」が掲載されている「ジャンプSQ」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「ボクとキミの二重探偵」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「ボクとキミの二重探偵」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。

『ボクとキミの二重探偵』最新話を読むならU-NEXT

\ 初回1冊タダで読める!  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク

ボクとキミの二重探偵のあらすじ・ネタバレ

僕徒レオという気弱で一人ぼっちの男子生徒と、君乃ミキという居眠りばかりしている不思議な女子生徒。
ある日、二人は学校で起きたクラスメイト殺人事件を解決することになる。
ミキの論理的な思考や抜群な推理力によって事件は解決したかのように見えたが、レオが幾度となくの事件の核心に迫る言動をしたことにミキは不可解だと言い出した。
その後も二人で様々な事件を解決しながら、ミキはレオの優しい性格に触れていき、今までレオを疑っていたことに謝罪するが・・・!?
しかし、実はレオは二重人格者で、「ボク」という心優しい人格は周囲に溶け込むための表向きの人格だった。
裏には「オレ」という、人の窮地に追い込まれた時に現れる本性を暴くことに快感を覚える天才の人格が隠されており・・・!?

『ボクとキミの二重探偵』を読むならまんが王国

\ 毎日最大50%ポイント還元  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク

ボクとキミの二重探偵の主要キャラクターまとめ

ボクとキミの二重探偵はただストーリーが面白いということだけではなく、登場するキャラクターたちの設定や関係性も魅力的に描かれています。

ここではそんな「ボクとキミの二重探偵」の主要キャラクターについて紹介していきます。

僕徒レオ

「ひん」が口癖の気弱な高校2年生。
どんくさく、同級生からよくからかわれている。
二重人格者であり、「ボク」という仮面の人格を隠れ蓑にしている「オレ」が主人格である。
オレ、は先天的に高い知識と洞察力を持っており、小学生にしてこの世の知識や論理を吸収し終えていた。
ある事件をきっかけに人が窮地に追い込まれた時に見せる本性に興味を持つようになり、無害を装ってそっと流れを操り、ボロを出させるという遊びにはまる。

君乃ミキ

一年生のころは双子の妹の「ヒタリ」とともに選抜クラスに所属していたが、1年生の頃にヒタリが事故死するということが起こった。
そのことが原因かは不明だが、二年生になると同時に一般クラスに移った。
選抜クラスの中でも飛びぬけて優秀だったよう。
非常に論理的な思考をしており、物事の「解」を求めることに貪欲である。
偶然を嫌っており、とことん理詰めで真実を追求しないと気が済まない性質で、執着に近いものを感じると言われるほど。

一ノ瀬

選抜クラスに所属する高校2年生。成績NO.1を自称しており、常に上座の席に座る。
ヒタリの親友。1年生の頃にミキが「ヒタリ、あなたが消えて」とヒタリに話しているのを聞き、翌週にヒタリの事故死が起こったため、本当はミキに殺されたのではないかと考えている。
久瀬原先生に暴行されそうになっていたところをミキに助けられ、その時に何かに気づき、今生きているのはヒマリの方で、ミキに成りすましているのではないかと疑っている。

『ボクとキミの二重探偵』を読むならまんが王国

\ 毎日最大50%ポイント還元  /

最新話も単行本もKindleよりお得!
スポンサーリンク
おすすめの記事