サクラ、サク。
サクラ、サク。

2021年4月13日発売の「別冊マーガレット」に咲坂伊緒先生の人気連載漫画「サクラ、サク。」の最新話である3話が掲載されました。

早速ではありますが、「サクラ、サク。」3話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「サクラ、サク。」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「サクラ、サク。」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

「サクラ、サク。」の最新話を無料で読む方法

「サクラ、サク。」は「別冊マーガレット」(集英社)で連載されている少女漫画です。

今回のサクラ、サク。の3話は別冊マーガレット5月号で読むことができますが、すべての人が雑誌を買えるわけではありませんよね。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方もご安心ください!

「サクラ、サク。」が掲載されている「別冊マーガレット」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「サクラ、サク。」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「サクラ、サク。」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。

「サクラ、サク。」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

サクラ、サク。(3話)のあらすじ・ネタバレ

咲が困っているところを助けてくれた恩人、桜 亮介。

その弟・陽希と同じクラスになった咲は、亮介にお礼が言いたい一心で陽希に猛烈アタックし、苦労の末に亮介に会わせてもらえることになりました。

 

咲のためにバイト前に時間を作って会いに来てくれた亮介、震える足と心を奮い立たせて、

『今日は 来てくれてありがとうございます。』

『亮介さんに助けてもらった事があるんです その時のお礼と』

『私の気持ちが この手紙に書いてあります』

と伝え、毎日書き直している手紙を渡します。

 

自分を助けてくれた人にお礼が言いたくて、名前だけを頼りにずっと探していた咲。

文化祭で亮介を見た咲は、感謝だけじゃない特別な気持ちを感じた…とも伝え、そんな咲の言葉に亮介は、

『つまりこれってお礼の手紙?』

『それとも俺 告白されてる?』

そこまでは考えていなかった咲が慌て、そもそも手紙を渡すきっかけとなった出来事を説明すると、なんと『それ 俺じゃないな』と言われ、同姓同名の別人であることが判明!!

 

その人が自分ではない以上、好きになってもらえる理由もないよと、手紙を返す亮介に、

『………』

『じゃあ私は今まで』

『一体誰にこの気持ちを募らせてたんだろう』

と、茫然自失としてしまう咲。

 

咲を心配する亮介に、勘違いに巻き込んだことをお詫びし、

『今日の事は丸ごと忘れてくれて大丈夫です』

と笑顔を浮かべ、亮介をバイトへと送り出します。

 

一人になった咲はそのままベンチに腰掛け、何度も書き直した手紙を見つめながら放心………。

どのくらいの時間が経ったのだろうと空を見上げると、暗くなりきっていない空に

『思ってるよりそんなに時間経ってないのか』

『なーんだ私 結構大丈夫じゃん』

気持ちが落ち着いたことを認識し、帰ろうと立ち上がります。

 

勘違いしたマヌケ話を、相談した周りのみんなも笑ってくれるといいな…と思った矢先、現れた陽希。

陽希の存在にホッとしたのか、思わず

『陽希……』

『ごめん』

『ごめん~~』

と、大粒の涙をこぼしてボロボロ泣き出してしまう咲…。

 

陽希に、同姓同名の人違いであったことを伝え、色々頑張ってもらったのに申し訳ないと謝罪します。

気にしていないどころか咲を心配している様子の陽希は、黙って咲の傍にいてくれます。

『これでまた助けてくれた人へのお礼も振り出しに戻っちゃったんだなーー』

とガッカリする咲に、

『「ありがとう」って言えなくてもいいじゃん』

『藤ヶ谷を助けた人も それを言われたくて助けたわけじゃないと思うし』

咲が誰かを助ける時も、『ありがとう』が言われたくてやってるわけじゃないでしょ?と続け、その人のおかげで今の自分がいるっていうのを直接伝えられなくても、咲がここにいるだけで十分だと思う。と、陽希らしいストレートな言葉で励まします。

 

親切にしてもらったおかげで咲が変われたなら、その気持ちがまた誰かに少しずつ別の誰かに伝わっていくことが大事なんじゃない?と言われ、

『ありがとう陽希』

『なんかすごい元気出た』

と伝え、陽希の優しさを再認識した咲は、

『陽希も亮介さんと同じ位モテてもいいはずなのに……』

と、つい思ったことを口に出してしまいます。

 

咲のセリフに、

『誰がモテないって言ったよ』

とお怒りの陽希。

そりゃそうか!と思い直す咲だけれど、

『モテないけど人に言われるのは腹が立つ!』

と、モテるかどうかで論戦を繰り広げてしまう不毛な二人…。

 

モテない二人だけれど、陽希の

『藤ヶ谷は大丈夫だよ いい奴だから』

というセリフに返すように、

『それを言うなら』

『陽希だってこんなに優しいんだから大丈夫だよ』

と答える咲。

優しくないし、付き合う上で優しいとかどうでもいいことでしょ、と呟く陽希に咲は、私的には最重要と言ってもいいくらい、性格が良いこと(優しいこと)は大事だよ!!と力説すると、

『ふーーーん』

『じゃあ藤ヶ谷は』

『俺の事 好きになっちゃうかもね』

と、冗談めかして答える陽希と、そんな陽希に赤面してしまう咲。

 

気まずい空気が流れてしまった二人は、暗くなってきたし帰るか…と、帰路につきます。

咲のもとにやって来た陽希は、亮介に頼まれてフォローにやってきたと説明し、分かりやすくはないけど亮介はいい奴だし、人違いだったとしても好きになってもおかしくないんじゃない?と励まします。

 

亮介に会うために繋いでくれたこと、失敗した時のフォローをしてくれたこと、ぶっきらぼうだけれど陽希の優しさが伝わっていく咲は、亮介よりも段々と陽希に心惹かれていきます。

陽希を見るとドキドキしてしまう理由が分からない咲、この気持ちを恋だと自覚するのはーー?

「サクラ、サク。」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

サクラ、サク。(3話)を読んだ感想

まさかの同姓同名の別人という展開!!
亮介にそう言われて咲は咄嗟に『なんでその可能性を考えなかったんだろう…』と思わず自分を責めますが、正直近い生活圏のなかで名前と性別が一致する人間ってそう二人もいます…?という感じがしてしまいました…。
そもそも本当の桜 亮介さんはのちのち出てくるのか…?

亮介が嘘をつく感じのキャラクターではない気がしましたし、これが陽希と仲良くなるきっかけには間違いないでしょうし、まあ良いのでしょう!
あれほど想っていた相手が実は違う人で、落ち込んでいた時に優しくしてくれた相手に惹かれていくってありますよね。
咲は恋心をどう扱っていくのかーー次も気になる終わり方でした!

「サクラ、サク。」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「サクラ、サク。」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。
当ページの情報は2021年4月のものです。最新の配信情報はU-NEXT公式ページよりご確認ください。
おすすめの記事