うちの弟どもがすみません
うちの弟どもがすみません




2021年6月11日発売の「別冊マーガレット」にオザキアキラ先生の人気連載漫画「うちの弟どもがすみません」の最新話である18話が掲載されました。

早速ではありますが、「うちの弟どもがすみません」18話のあらすじネタバレや感想を紹介していきます。

では、以下ネタバレとなりますのでご注意ください。

「うちの弟どもがすみません」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /




「うちの弟どもがすみません」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。

「うちの弟どもがすみません」の最新話を無料で読む方法




「うちの弟どもがすみません」は「別冊マーガレット」(集英社)で連載されている少女漫画です。

今回のうちの弟どもがすみませんの18話は別冊マーガレット7月号で読むことができますが、すべての人が雑誌を買えるわけではありませんよね。

「単行本派だけど最新話は早く読みたい!」
「ちょっと今月は金欠で...」

といった方もご安心ください!

「うちの弟どもがすみません」が掲載されている「別冊マーガレット」は電子書籍サービス「U-NEXT」で最新号を読むことができます!

「うちの弟どもがすみません」を読むためにU-NEXTがオススメな理由は、ただ最新話が読めるからというだけではありません。

なんと、U-NEXTでは「うちの弟どもがすみません」の単行本やファンブック、関連映像作品といった幅広い楽しみ方ができるからです!

しかも、U-NEXTでは以下のような登録メリットがあります。
  • 登録が簡単で所要時間3分で始められる
  • 31日間の無料トライアル期間がある
  • 無料登録後すぐに600ポイント配布される
  • 国内最大のエンタメサービスで飽きがこない
  • 継続すれば毎月1200ポイントもらえる
  • ポイントは翌月に持ち越すこともできる
  • 動画や漫画をスマホ1つで全部楽しめる
  • いつでも解約できる
  • 無料トライアル中の解約なら本当にタダでサービスを満喫できる

ざっとリストアップしただけでもこれだけのメリットがありますが、気になるのはコスパですよね。

現在U-NEXTの月額料金は月額2,189円(税込)です。

しかし、毎月の配布ポイントが1200ポイントもあり、このポイントはそのまま1ポイント1円として漫画のレンタルやレンタル動画作品に使えちゃいます。

なので、ポイントを活用すれば実質800円ちょっとでサービスを楽しむことができてしまうんです。

国内最大級のエンタメサービスとして動画配信は21万本以上、漫画や雑誌も豊富で、U-NEXTオリジナル雑誌は読み放題、その他も80誌もの雑誌が読み放題にラインナップされています。

コロナで増えたオンラインライブの生配信や過去のライブ配信なども増えてきており、今後がますます楽しみなサービスです。

無料トライアル期間も31日とたっぷりあるので、ぜひ一度お試しくださいね。




「うちの弟どもがすみません」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

前回のあらすじ




『じゃあ洛くんとの会話は聞かれたけど』

『本当のことは別にバレてなかった…ということですか?』

と、核心には触れなかったことを喜ぶ糸ですが、

 

糸が好きになった弟=洛?

 

勘違いしている上に家庭内恋愛(?)を後押ししてくるなんて、一刻も早く誤解を解くしか…!

 

意気込む糸ですが、

『誤解とくってこと?それだと姉さんが告白するしかなくなると思うけど』

『いやまあそれは…なんかどうにかするわ!』

『そんな泳ぎまくった目で言われても』

と、ノープランなのにやけに強気な糸に心配しかない洛……

ーーそんな二人を見つめる源は…。

 

ウソをつけばそのウソを守るためにまた新しいウソをつき、段々自分の本当の気持ちが分からなくなっちゃいそう…

そんな危機感を覚えた糸は、源に向き合うことを決意!

 

『一日早いけど 誕生日プレゼントのおまけに伝えることにするね』

『私が今思ってること』

 

うちの弟どもがすみません第17話のネタバレはこちら!




「うちの弟どもがすみません」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

うちの弟どもがすみません(18話)のあらすじ・ネタバレ




成田家で生まれた恋愛疑惑は、次男・洛の機転によりごまかせたものの…。

 

おとうと を好きになったのではなく、

おとなりの宇藤さん という作品を好きになったということになっているため(?)

 

みんなでドラマ・【おとなりの宇藤さん】を鑑賞することに。

 

サスペンスドラマなおとなりの宇藤さんを観た一同が恐怖に震えるなか……

一人、笑いの止まらない柊に、

 

『自分から言えないから溜め込んでおかしくなるんだ』

『こういう事は周りがサインに気づいてやらないと』

 

学校でなにかあったのかも?と心配する洛の言葉に、源のことばかり考えていたので、柊に気が回らなかった…!と、柊とコミュニケーションを取ろうとする糸。

 

新しいクラスにはなじめているか

友達はできたか

勉強にはついていけているか

 

心配で仕方ない糸が柊に詰め寄ると、

 

『学校?べつに平和だけど』

 

『愚痴とかあったらいつでも私にぶつけて!』

『それとも私なんか話しかけにくい空気出してた!?』

 

と掴みかかると、

 

『そんなことはないけど』

『新しい友達ならひとり…できたかもしんない』

 

もともとはゲームで知り合った相手らしく、会ったことはないけれどなんでも話せる相手。

メッセンジャーアプリで連絡を常日頃取り合い、よくゲームをする人がいるらしいことが判明。

 

【こむぎさん】

という超絶美処女にして巨乳の相手に、

 

『つうか会ったことないんだろ』

『フタを開けたらやべえおっさんだったってことねぇよな』

 

と、いぶかしがる源に、

 

『ありえない話じゃない』

『なにせ「盛る」ことに長けている相手だからな』

 

と、同調している様子の洛。

 

喜んでやりたい気持ちはもちろんあるけれど、柊はもともと根っからのインドア派だし、まともに友達を作れた経験がないと話す長男次男。

 

『大丈夫だよ』

『もしうまくいかなくたって 私たちががいるじゃん!』

『それに 柊くんは今 外の世界とつながろうとしてるんだよ』

『家族として背中押してあげなきゃ』

 

それでも不安を漏らす源、誕生日に貰った【一日なんでもいうこときく券】を提示し、なにかあった時のフォローはするから応援しよう!と二人を引っ張る糸。

 

そんな中、興奮した様子で帰宅した柊が、

 

『今度のイベント一緒に参加しませんかって 誘われちゃった…!』

 

イベントとは何ぞや?となる源と糸に、自作の本を売るイベントで、ゲーム仲間の二人は小説=こむぎさん、挿絵=柊で、自費出版の本を出そう!と約束した様子。

 

ただの趣味で描いているという柊の絵のクオリティは高く、こむぎさんにも褒められたことから、

 

『俺の絵を見てたらお話がどんどん浮かぶって』

『もっと色んな人に見てもらうべきだって』

『もし こんな絵で他にも喜んでくれる人がいるなら』

『俺 すごくやってみたいかもーー…』

 

しかし源は、

 

『そいつと深く関わるな 怪しすぎる』

『ていうか お前受験生だろ』

『そんなことして遊んでる余裕あんのか?』

 

と、ド正論をかまし…。

 

今が11月であること、春の模試をサボったこと、中間の結果が思わしくなかったことから、絵を描くことを現実逃避の道具にしてない?と痛いところを突きます。

 

『分かった イベントはあきらめて勉強するよ』

『言ってくれてありがと 当たり前のこと忘れちゃうとこだった』

 

切ない笑顔を浮かべ、自室に消えていく柊…。

 

糸から見れば、柊の気持ちは恋では?相手のことが気になって、受験勉強どころじゃないのも分かるしなぁ…と洛に相談します。

 

翌日、学校に行くはずの家の前で倒れてしまう柊。

 

『大丈夫ちょっと寝てないだけ…』

『原稿のしめきりが今日の朝10時だったから…つい徹夜しちゃって』

『……原稿?』

 

源にはああ言われたけれど、やっぱり断れない、、

ということで、勉強も原稿も頑張っていた様子の柊。

 

オンラインのつながりだから簡単には会えないこと

『また今度』と返したことで、相手の気持ちが変わってしまうかも知れないこと

 

『少しでも期待に応えられたらなって』

『そしたらずっと 俺と繋がっててくれるかなってーーー…』

 

そこまで柊を狂わせる恋に共感する糸は、

 

『あのね ちょっと期待に応えてくれなかったからって離れていくような人は 正直そこまでの人だって思う』

 

『柊くんが「この人だ!」って思うなら 私はその直感を信じる!』

 

誰が何と言おうと自分だけは応援するという糸の言葉に、

 

リアルで友達がいなかったこと

趣味を笑わない友達が欲しかったこと

ネットの繋がりが本当の繋がりになったらーー

 

と考えていた柊は、

 

『ーー会いたい』

『こんな俺でよかったらあの人の側に行きたい』

『もっともっと あの人の事知りたいし知ってほしい』

 

”深く繋がれる誰か”が欲しかった

と、本音を漏らす柊。

 

ついに【こむぎさん】に会いに、イベント会場へーーー!!




「うちの弟どもがすみません」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

うちの弟どもがすみません(18話)を読んだ感想

おとうとに恋をしたのではなく、ドラマのおとうと(おとなりの宇藤さん)が好きという話、まさかそのままうちおとの中で続く話だとは思いませんでした(笑)

昔、【隣人は静かに笑う】というホラードラマがあったのですが、作中で描かれている雰囲気はその作品に近そうで、観てみたい気持ちでいっぱいです。宇藤さん…

 

やりたいことや夢を応援するとき、それが適した時期か、一緒にやる誰かが居るなら適した相手かっていうのは家族としては気になるところですよね。

応援する糸の気持ちも分かるし、心配する源の気持ちも分かるし…。
学校の部活動とかと違って、相手がよく分からないというのがネットで持つ繋がりの最大の障壁ですもんね。

 

最後のシーンではこむぎさんも柊に対し『本命』と表現していたので、男女の中で使われるままの意味だったら嬉しいなぁと思っています。




「うちの弟どもがすみません」最新話を無料で読むならU-NEXT

\ 【登録3分】最新話も単行本も読める!  /

「うちの弟どもがすみません」のこれまでのあらすじや感想は以下のページで紹介しています。




当ページの情報は6月のものです。最新の配信情報はU-NEXT公式ページよりご確認ください。
おすすめの記事